○鹿嶋市住居表示に関する条例施行規則

昭和52年10月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は,鹿嶋市住居表示に関する条例(昭和52年条例第21号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(街区符号付定等の通知)

第2条 条例第2条及び第3条第4項の規定による通知は,様式第1号とする。

(住居表示を必要とする建物等)

第3条 条例第3条第1項の規定による住居表示を必要とする建物その他の工作物(以下「建築物等」という。)は,別表第1に定めるものとする。ただし,別表第1に定める建物その他の工作物であっても,主たる建築物でなければ,この限りでない。

(新築等の届出)

第4条 条例第3条第1項の規定による届出は,様式第2号によるものとする。

(住居番号変更等の申出)

第5条 条例第3条第2項の規定による住居番号の設定,変更又は廃止の申出は,様式第3号によるものとする。

(変更等の通知)

第6条 条例第3条第3項の規定により住居番号を設定し,変更し,若しくは廃止する必要がないと決定したときは,市長は,条例第3条第1項の届出人,同条第2項の申出人,同条第3項の関係人又は関係行政機関の長に,様式第4号により通知するものとする。

(住居番号の表示)

第7条 条例第4条の規定に基づき市長が別に定める住居番号の表示の場所は,次の表の左欄に掲げる建物につき,右欄に掲げる場所とする。

建物の別

表示する場所

棟番号を必要とする建物及び中高層の建物

1 当該建物の外壁で道路から見易い場所

2 当該建物の区分された部分の主要な出入口

2 条例第4条に規定する住居番号の表示は,様式第5号として別表第2の左欄に掲げる建物については,右欄に掲げる様式とする。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成2年1月31日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成7年9月1日規則第28号)

この規則は,平成7年9月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

住居表示を必要とする建物その他の工作物

専用住宅用建物

併用住宅用建物

農家住宅用建物

アパート・ホテル・簡易旅館用建物

旅館・料亭用建物

待合用建物

店舗・百貨店用建物

劇場・映画館用建物

キャバレー・ダンスホール用建物

浴場用建物

病院用建物

事務所,銀行用建物

工事用建物

倉庫用建物

市場用建物

学校(各種学校を含む。)用建物

集会場

官公署用建物

宗教用建物

公共の用に供する建物

公園等の施設

路外駐車場

別表第2(第7条関係)

住居番号表示の様式

建物の部

様式

棟番号を必要とする建物及び中高層の建物

1 棟番号の様式

建物等の大きさに比例した適当なものとし,符号は,原則としてアラビヤ数字とする。

2 各戸の番号の様式

画像

各戸の番号の表記は,アラビヤ数字とする。

(備考)

1 左の部分には街区符号を,右の部分には住居番号を表示する。

2 地色は暗い青色とし,数字はアラビヤ数字で白ぬきとする。

3 単位は,ミリメートルとする。

4 表示板は,地上からおよそ1.6メートルの高さに表示するものとする。

画像

画像

画像

画像

画像画像

鹿嶋市住居表示に関する条例施行規則

昭和52年10月1日 規則第11号

(平成7年9月1日施行)