○鹿嶋市立衛生センター管理運営規則

昭和53年2月28日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は,鹿嶋市立衛生センターの設置及び管理に関する条例(昭和52年条例第4号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき,鹿嶋市立衛生センター(以下「衛生センター」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所長等の職務)

第2条 所長は,上司の命を受け,衛生センターの事務を統轄し所属職員を指揮監督する。

2 職員は,所長の命を受け事務を処理する。

(搬入の許可申請資格者)

第3条 条例第5条に規定する搬入の許可を受けようとする者は,鹿嶋市廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成6年規則第1号)第7条に規定する許可証の交付を受けている者でなければならない。

(搬入の許可等)

第4条 衛生センターにし尿,し尿浄化槽汚泥,汚水及びごみ等を搬入しようとする者は,鹿嶋市立衛生センター搬入許可申請書(別記様式)に必要な事項を記載し,正副2通市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の申請書に基づき,衛生センターの管理上支障がないと認めたときは,申請書の副本に許可事項を記載し申請者に交付するものとする。

(許可の期限)

第5条 前条の許可の期限は,許可の日から1年以内とする。ただし,市長は事情により,この期限を短縮することができる。

(許可の条件)

第6条 市長は,第4条の許可をする場合において必要と認めるときは,条件を付することができる。

(許可の制限)

第7条 市長は,次の各号の一に該当するときは,衛生センターへのし尿,し尿浄化槽汚泥,汚水及びごみ等の搬入を許可しない。

(1) 排出されるものが本市以外のものであるとき。

(2) 管理上支障があると認めたとき。

(3) その他市長が不適当と認めたとき。

(許可の取消し又は一時停止)

第8条 市長は,衛生センターへのし尿,し尿浄化槽汚泥,汚水及びごみ等の搬入許可を受けた者が,次の各号の一に該当したときは,搬入の許可を取消し又は一時停止を命ずることができる。

(1) 許可事項に違反したとき。

(2) その他市長が不適当な行為であると認めたとき。

(搬入日及び搬入時間)

第9条 衛生センターへのし尿,し尿浄化槽汚泥,汚水及びごみ等の搬入日及び搬入時間は,月曜日から土曜日の午前8時30分から午後4時までとする。

2 市長は,特別の事由があると認めたときは,前項の搬入時間を変更することができる。

(休所日)

第10条 衛生センターの休所日は,次のとおりとする。ただし,市長は,特別の事由があると認めたときは休所日を変更し,又は臨時に休所することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 1月2日,同月3日及び12月31日

(投入量の確認)

第11条 し尿,し尿浄化槽汚泥,汚水及びごみ等を搬入した者は,係員の指示に従い投入量の確認を受けなければならない。

(納入の期限等)

第12条 条例第6条の処理手数料の納入期限は,次に掲げる区分による。

(1) その月の1日から月末までの分を翌月の10日までに納付する。

2 前項の規定により,調定した処理手数料は,納入通知書により,納期前5日までに納入義務者に通知しなければならない。

(手数料の還付)

第13条 すでに納付された処理手数料は,これを還付しない。ただし,市長が特別な事由があると認めたときは,この限りでない。

(督促)

第14条 納入期限までに手数料を納入しない納入義務者に対しては,納入期限後20日以内に所定の手続を経て,督促状を発付しなければならない。

(補則)

第15条 この規則に規定するもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和56年8月3日規則第8号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和59年3月31日規則第5号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成2年1月31日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成6年3月30日規則第10号)

この規則は,平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年9月1日規則第28号)

この規則は,平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成13年3月26日規則第16号)

この規則は,平成13年4月1日から施行する。

画像画像

鹿嶋市立衛生センター管理運営規則

昭和53年2月28日 規則第3号

(平成13年3月26日施行)