○鹿嶋市大野潮騒はまなす公園設置及び管理に関する条例施行規則

平成7年9月1日

規則第25号

注 平成25年9月から改正経過を注記した。

(その他の施設)

第2条 条例第2条第2項に定める附属施設は,有料施設とし,公園内にあるその他の施設は,無料とする。

(行為の禁止)

第3条 公園(附属施設を含む。)内で,次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし,市長の許可に係るものについては,この限りでない。

(1) 公園を損傷し,又は汚損すること。

(2) 土地の形質を変更すること。

(3) 植物を伐採し,又は採取すること。

(4) 立入禁止区域に立ち入ること。

(5) 指定された場所以外の場所へ車両を乗り入れ,又はとめて置くこと。

(6) 公園をその用途以外に使用すること。

(7) 張り紙若しくは張り札をし,又は広告を表示すること。

(8) 行商,募金その他これに類する行為をすること。

(9) 前各号に掲げるものを除くほか,公園の管理に支障のある行為をすること。

(行為の制限)

第4条 公園(附属施設を含む。)内で,次の行為をしようとする者は,行為許可申請書(様式第1号)を提出し,市長の許可を受けなければならない。

(1) 業として写真を撮影すること。

(2) 競技会,展示会その他これに類する催しのため,公園(附属施設を含む。)の全部又は一部を独占して利用すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか,市長が必要であると認めること。

2 市長は,前項各号に掲げる行為が公衆の公園の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り許可を与えることができる。

3 市長は,第1項に規定する申請書を提出して許可を受けた者に対し許可書(様式第2号)を交付する。

(平25規則32・一部改正)

(使用料の減免)

第5条 市長は,次の表に掲げる事由があるときは,同表の右欄に掲げる使用料を減免することができる。

事由

減免額

(1) 市が使用する場合

使用料の全額

(2) 市内の幼稚園,保育園及び小・中学校の教育活動として使用する場合

使用料の全額

(3) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による扶助を受けている者が使用する場合

使用料の全額

(4) 障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条の規定による障害者が使用する場合(当該障害者等の介護をする者(1人につき1人に限る。)を含む。)

使用料の全額

(5) 他の公共団体が使用する場合

使用料の全額

(6) その他市長が必要と認める場合

市長が必要と認める額

2 使用料の減免を受けようとする者は,使用料減免申請書(様式第3号)を市長に提出し,承認を受けなければならない。ただし,身体障害者手帳(身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により交付を受けたものをいう。),療育手帳(知的障害者の福祉の充実を図るため,児童相談所又は知的障害者更生相談所において知的障害と判断された者に対して支給される手帳で,その者の障害の程度その他の事項の記載があるものをいう。)又は精神障害者保健福祉手帳(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により交付を受けたものをいう。)の交付を受けている者は当該手帳の提示によってこれに代えることができる。

3 市長は,前項の申請があった場合において,使用料を減免することと決定したときは,使用料減免決定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとし,使用料を減免しないことと決定したときは,その旨を申請者に通知するものとする。

(平25規則32・一部改正)

(入館の禁止)

第6条 市長は,公衆の秩序を乱し,又は乱すおそれのある者の入館を禁止し,又はこれらの者に対し退場を命ずることができる。

(損害賠償)

第7条 公園の利用者(入館者を含む。)が公園施設及び展示品,資料等を汚損し,又は損傷させた場合は,速やかにその旨を市長に届け出なければならない。

2 前項の汚損,損傷又は滅失については,これを修理し,若しくは原状回復し,又はその損害を賠償しなければならない。ただし,やむを得ない事情がある場合は,この限りでない。

(資料の貸出し)

第8条 資料の貸出しは,行わない。ただし,市長の承認が得られたときは,この限りでない。

(公園施設等の供用日及び供用時間)

第9条 公園施設等の供用日及び供用時間は,別表に定めるとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず,市長は,公園施設等の管理上必要があると認めるときは,供用日,供用時間等を変更することができる。

(読替規定)

第10条 条例第8条の規定により指定管理者に管理を行わせている場合における第3条から第9条の規定の適用については,これらの規定中「市長」とあるのは,「指定管理者」とする。

2 条例第11条第1項の規定により利用料金を指定管理者の収入として収受させる場合における第5条様式第3号及び様式第4号中「使用料」とあるのは「利用料金」とする。

(平25規則32・追加)

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

(平25規則32・旧第10条繰下)

附 則

この規則は,平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成9年12月25日規則第31号)

この規則は,平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日規則第31号)

この規則は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月30日規則第32号)

この規則は,公布の日から施行する。

別表(第9条関係)

(平25規則32・一部改正)

区分

供用日

供用時間

公園

年間を通し毎日

24時間

附属施設

毎週月曜日(ただし,国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する国民の祝日及び振替休日に当たるときは,翌日)及び12月28日から翌年1月3日までを除く毎日

午前9時から午後4時30分まで

画像

画像

(平25規則32・全改)

画像

(平25規則32・全改)

画像

鹿嶋市大野潮騒はまなす公園設置及び管理に関する条例施行規則

平成7年9月1日 規則第25号

(平成25年9月30日施行)