○鹿嶋市障害児デイサービス事業実施規則

平成15年3月31日

規則第33号

(趣旨)

第1条 この規則は,児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2第2項に規定する児童発達支援及び同条第4項に規定する放課後等デイサービスの実施により,障害児の福祉の向上を図るとともに,障害児の育成を助長させるため,親子通所による保育指導及び訓練相談の実施に関し,必要な事項を定めるものとする。

(平25規則18・一部改正)

(保育指導及び訓練相談の内容)

第2条 保育指導及び訓練相談の内容は,次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 保育指導 集団保育による日常生活の基本的動作及び集団生活への適応訓練

(2) 訓練相談 ことばの発達訓練,心理発達訓練並びに理学療法及び作業療法等の機能発達訓練

(対象児童)

第3条 対象児童は,市内に住所を有し,前条の指導内容が必要と認められる者で,次の各号のいずれにも該当する障害児又は障害者とする。

(1) 在宅であり,かつ,親子通所が可能である者

(2) 伝染性疾患のない者

(定員)

第4条 児童デイサービスの定員は,児童発達支援20人,放課後等デイサービス10人とする。

(平21規則29・全改,平25規則18・一部改正)

(指導日等)

第5条 保育指導及び訓練相談は,原則として鹿嶋市総合福祉センターの休館日を除き,毎日行うものとする。

2 保育指導及び訓練相談の実施時間は,次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 保育指導 午前9時30分から午後4時まで

(2) 訓練相談 午前10時から午後5時まで

(平19規則18・一部改正)

(費用の徴収等)

第6条 保育指導及び訓練相談に当たって,指導を受ける者(以下「利用者」という。)が個人で使用する教材にかかる費用は,利用者の保護者の負担とする。

(職員等の職種,員数及び職務内容)

第7条 鹿嶋市心身障害者福祉センター(以下「センター」という。)に勤務する職員の職種,員数及び職務内容は,次の表のとおりとする。

職種

員数

職務内容

備考

管理者

1人

センターの職員の管理及び業務の管理を行う。

 

事務職

1人

センターの庶務,会計等必要な事務を行う。

 

指導員又は保育士

1人以上

保育指導を行う。

 

看護師

1人

健康相談を行う。

 

作業療法士

1人以上

身体と精神の発達の訓練及びその相談を行う。

 

言語聴覚士

1人以上

ことばの発達相談,コミュニケーション訓練及びその相談を行う。

 

心理療法士

1人以上

心理発達相談を行う。

 

理学療法士

1人以上

身体の発達の訓練及びその相談を行う。

 

(平18規則27・一部改正)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日規則第27号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第18号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年9月18日規則第29号)

この規則は,公布の日から施行し,平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成25年3月29日規則第18号)

この規則は,公布の日から施行し,平成25年4月1日から適用する。

鹿嶋市障害児デイサービス事業実施規則

平成15年3月31日 規則第33号

(平成25年3月29日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成15年3月31日 規則第33号
平成18年4月1日 規則第27号
平成19年3月30日 規則第18号
平成21年9月18日 規則第29号
平成25年3月29日 規則第18号