○鹿嶋市職員提案制度に関する規則

平成15年3月31日

規則第43号

(目的)

第1条 この規則は,職員の事務事業に関する創意工夫を奨励し,積極的な改善提案を採択実施することによって,勤労意欲の高揚を図り,もって事務事業の改善及び市民サービスの向上に寄与することを目的とする。

(提案の内容)

第2条 提案の内容は,事務事業の改善や市民サービスの向上等に実効のあるもので,次の各号に掲げる事項とし,具体的かつ建設的な提案とする。

(1) 事務事業の改善や能率向上に関する提案

(2) 経費の節減や収入増加に関する提案

(3) 新施策の企画立案,現施策の見直し等行政施策に関する提案

(4) 職場や労働環境の改善に関する提案

(5) 市民サービスの向上に寄与する提案

2 提案の内容が,次の各号のいずれかに該当するときは,提案として取り扱わない。

(1) 明らかに不平不満,苦情,批判又は欠点の指摘にとどまるもの

(2) 職員個々の採用,異動,賞罰等の人事及び勤務条件に関するもの

(提案の種類)

第3条 提案は,次の2種類とする。

(1) 一般提案 第2条第1項各号に定める提案

(2) 特別提案 特定の事項に関し,課題や期間を定め募集する提案

(提案者の資格)

第4条 職員(嘱託職員を含む。)は,すべて単独又は共同で提案することができる。

(平20規則1・一部改正)

(提案の時期)

第5条 一般提案は,いつでも行うことができる。

2 特別提案は,定められた期間内に提出するものとする。

(特別提案の募集)

第6条 市長は,特定の事項に関し,広く意見を求めることが適当と認められるときは,特別提案を募集することができる。

2 特別提案の募集に当たっては,課題や提出期間等必要な事項を定め,職員に周知するものとする。

(提案の奨励)

第7条 所属長は,職員の事務事業改善に係る提案活動を積極的に支援し,適宜奨励に努めるものとする。

(提案の方法及び受理等)

第8条 提案者は,提案書(様式第1号)に必要事項を具体的に記入し,参考資料等を添えて,人事担当部長に提出しなければならない。

2 人事担当部長は,提案書を受理したときは,当該提案書に受付番号を付して,提案受付簿(様式第2号)に登録しなければならない。

3 人事担当部長は,前項の規定により受理した提案書については,提案者の所属,職,氏名を秘して,当該提案に関係ある部課長(以下「関係部課長」という。)に直ちに送付しなければならない。

(関係部課長の意見)

第9条 関係部課長は,人事担当部長から提案書の送付を受けたときは,提案書の所定欄に意見を付し,速やかに人事担当部長に回付しなければならない。

2 前項の場合において,人事担当部長から送付された提案書が複数の部課に関係するときは,関係部課長は,関係する他の部課長と協議のうえ,意見を付さなければならない。

(職員提案審査会)

第10条 提案の内容を審査するため,鹿嶋市職員提案審査会(以下「審査会」という。)を置く。

2 審査会は,会長,副会長及び委員若干名を持って組織する。

3 会長は副市長,副会長は企画担当部長及び人事担当部長,委員は企画担当部次長,人事担当部次長及び秘書担当課長をもって充てるほか,市長が適任と認める職員の中から任命する。

4 会長は,会務を総理するとともに審査会を招集し,その議長となる。

5 副会長は,会長に事故あるときは,その職務を代理する。

6 審査会は,委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

7 審査会の庶務は,人事担当課が行う。

(平19規則9・一部改正)

(提案の審査)

第11条 提案の調査及び審査は,具体性,実現性,効果性,経済性及び期待度等の要素を勘案して審査するものとする。

2 会長は,必要に応じ提案事項に関係する職員の意見を聴取し,又は提案者を審査会に出席させて説明を求めることができる。

3 提案の審査は,特別の事情がある場合を除き,提案者の所属及び職,氏名を秘して行わなければならない。

(平27規則10・一部改正)

(市長への報告)

第12条 会長は,提案の審査を終了したときは,各審査委員の提案審査表(様式第3号)を取りまとめのうえ,市長に提出しなければならない。

(提案の採否)

第13条 市長は,提案書及び提案審査表を参考として,次の各号に掲げる事項のいずれかに採否を決定し,提案者に提案審査結果通知書(様式第4号)を通知するものとする。

(1) 採用 提案内容の全部又は一部について,実施することが適当と認められる提案,又は事務事業の運営向上に著しい示唆を与えることができると認められる提案

(2) 保留 直ちに採用を決定することができず,さらに調査研究を要する提案

(3) 不採用 実施が不可能又は不適当な提案

(保留提案の取り扱い)

第14条 審査会又は関係部課長は,前条に規定する保留の決定を受けた提案(以下「保留提案」という。)で,さらに調査研究することによって,採用の決定を受ける可能性があるものについては,提案者に対し,助言等の援助をしなければならない。

(提案事項の実施等)

第15条 市長は,採用の決定をした提案については,内容に応じ,その全部又は一部を関係部課長に実施させるものとする。

2 前項の規定により提案事項を実施する関係部課長は,提案実施計画書(様式第5号)を作成し,市長の承認を得なければならない。

3 関係部課長は,提案事項を実施した場合は,提案実施報告書(様式第6号)を作成し,市長及び会長に報告しなければならない。

(ほう賞)

第16条 市長は,採用の決定をした提案の提出者に対し,表彰状及び記念品を贈り,ほう賞する。

2 ほう賞の区分は,審査会における評価の基準等を参考に,次の2種類とする。

(1) 優秀賞 採用となった提案のうち,極めて有益な提案

(2) 努力賞 採用となった提案のうち,創意工夫や研究の努力が認められる提案

(提案の周知)

第17条 採用となった提案については,提案者の所属及び職,氏名,提案の内容について,職員に公表する。

(提案事項に係る諸権利)

第18条 この提案に関するすべての権利は,市に帰属する。

(補則)

第19条 この規則の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日規則第9号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年1月8日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行し,改正後の第4条の規定は,平成20年1月1日から適用する。

附 則(平成27年2月19日規則第10号)

この規則は,公布の日から施行する。

(平27規則10・一部改正)

画像画像

画像

(平27規則10・全改)

画像画像画像

画像

画像

画像

鹿嶋市職員提案制度に関する規則

平成15年3月31日 規則第43号

(平成27年2月19日施行)