○鹿嶋市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例

平成16年6月29日

条例第22号

(目的)

第1条 この条例は,市の実施機関に係る申請,届出その他の手続等に関し,電子情報処理組織を利用する方法その他の情報通信技術を利用する方法により行うことができるようにするための共通する事項を定めることにより,市民の利便性の向上を図るとともに,行政運営の簡素化及び効率化に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において,次の各号に掲げる用語の定義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 条例等 条例,議会等の規則(地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第120条の会議規則及び法第130条第3項の規則をいう。),実施機関の規則その他の規程(法第15条第1項の規則及び法第138条の4第2項の規則その他の規程をいう。以下同じ。)及び企業管理規程(地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第10条の企業管理規程をいう。以下同じ。)並びに茨城県知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例(平成11年茨城県条例第44号)及び茨城県教育委員会の権限に属する事務の処理の特例に関する条例(平成11年茨城県条例第73号)により市が処理することとされた事務について規定する茨城県の条例及び茨城県の執行機関の定める規則をいう。

(2) 実施機関 市長,教育委員会,水道事業,選挙管理委員会,農業委員会,監査委員,固定資産評価審査委員会及び議会をいう。

(3) 書面等 書面,書類,文書,謄本,抄本,正本,副本,複本その他文字,図形等人の知覚によって認識することができる情報が記載された紙その他の有体物をいう。

(4) 署名等 署名,記名,自署,連署,押印その他氏名又は名称を書面等に記載することをいう。

(5) 電磁的記録 電子的方式,磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって,電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。

(6) 申請等 申請,届出その他の条例等の規定に基づき実施機関に対して行われる通知をいう。

(7) 処分通知等 処分(行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為をいう。)の通知その他の条例等の規定に基づき実施機関が行う通知(不特定の者に対して行うものを除く。)をいう。

(8) 縦覧等 条例等の規定に基づき実施機関が書面等又は電磁的記録に記録されている事項を縦覧又は閲覧に供することをいう。

(9) 作成等 条例等の規定に基づき実施機関が書面等又は電磁的記録を作成し,又は保存することをいう。

(10) 手続等 申請等,処分通知等,縦覧等又は作成等をいう。

(電子情報処理組織による申請等)

第3条 実施機関は,申請等のうち当該申請等に関する他の条例等の規定により書面等により行うこととしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,規則等で定めるところにより,電子情報処理組織(実施機関の使用に係る電子計算機(入出力装置を含む。以下同じ。)と申請等をする者の使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続した電子情報処理組織をいう。)を使用して行わせることができる。

2 前項の規定により行われた申請等については,当該申請等を書面等により行うものとして規定した申請等に関する条例等の規定に規定する書面等により行われたものとみなして,当該申請等に関する条例等の規定を適用する。

3 第1項の規定により行われた申請等は,同項の実施機関の使用に係る電子計算機に備えられたファイルへの記録がされたときに当該実施機関に到達したものとみなす。

4 第1項の場合において,実施機関は,当該申請等に関する他の条例等の規定により署名等をすることとしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,氏名又は名称を明らかにする措置であって規則等で定めるものをもって当該署名等に代えさせることができる。

(電子情報処理組織による処分通知等)

第4条 実施機関は,処分通知等のうち当該処分通知等に関する他の条例等の規定により書面により行うこととしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,規則等で定めるところにより,電子情報処理組織(実施機関の使用に係る電子計算機と処分通知等を受ける者の使用に係る電子計算機とを電気通信回線で接続した電子情報処理組織をいう。)を使用して行うことができる。

2 前項の規定により行われた処分通知等については,当該処分通知等を書面等により行うものとして規定した処分通知等に関する条例等の規定に規定する書面等により行われたものとみなして,当該処分通知等に関する条例等の規定を適用する。

3 第1項の規定により行われた処分通知等は,同項の処分通知等を受ける者の使用に係る電子計算機に備えられたファイルへの記録がされた時に当該処分通知等を受ける者に到達したものとみなす。

4 第1項の場合において,実施機関は,当該処分通知等に関する他の条例等の規定により署名等をすることとしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,氏名又は名称を明らかにする措置であって規則等で定めるものをもって当該署名等に代えることができる。

(電磁的記録による縦覧等)

第5条 実施機関は,縦覧等のうち当該縦覧等に関する他の条例等の規定により書面等により行うこととしているもの(申請等に基づくものを除く。)については,当該条例等の規定にかかわらず,規則等で定めるところにより,書面等の縦覧等に代えて当該書面等に係る電磁的記録に記録されている事項又は当該事項を記載した書類の縦覧等を行うことができる。

2 前項の規定により行われた縦覧等については,当該縦覧等を書面等により行うものとして規定した縦覧等に関する条例等の規定に規定する書面等により行われたものとみなして,当該縦覧等に関する条例等の規則を適用する。

(電磁的記録による作成等)

第6条 実施機関は,作成等のうち当該作成等に関する他の条例等の規定により書面等により行うこととしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,規則等で定めるところにより,書面等の作成等に代えて当該書面等に係る電磁的記録の作成等を行うことができる。

2 前項の規定により行われた作成等については,当該作成等を書面等により行うものとして規定した作成等に関する条例等の規定に規定する書面等により行われたものとみなして,当該作成等に関する条例等の規定を適用する。

3 第1項の場合において,実施機関は,当該作成等に関する他の条例等の規定により署名等をすることとしているものについては,当該条例等の規定にかかわらず,氏名又は名称を明らかにする措置であって規則等で定めるものをもって当該署名等に代えることができる。

(手続等に係る情報システムの整備等)

第7条 実施機関は,手続等における情報通信の技術の利用推進を図るため,情報システムの整備その他必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

2 実施機関は,前項の措置を講ずるに当たっては,情報通信の技術の利用における安全性及び信頼性を確保するよう努めなければならない。

3 実施機関は,手続等における情報通信の技術の利用の推進に当たっては,当該手続等の簡素化又は合理化を図るよう努めなければならない。

(手続等に係る電子情報処理組織の使用に関する状況の公表)

第8条 市長は,少なくとも毎年度1回,実施機関が電子情報処理組織を使用して行わせ,又は行うことができる申請等及び処分通知等その他この条例の規定による情報通信の技術の利用に関する状況について,インターネットの利用その他の方法により公表するものとする。

(規則等)

第9条 この条例における規則等は,実施機関の規則その他の規程とする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成16年7月1日から施行する。

(鹿嶋市行政手続条例の一部改正)

2 鹿嶋市行政手続条例(平成11年条例第17号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

鹿嶋市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例

平成16年6月29日 条例第22号

(平成16年7月1日施行)