鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
70歳以上の人の医療について

■国民健康保険と後期高齢者医療保険
 70歳以上の人は,かかった医療費の2割(一定以上所得者は3割)の負担で医療がうけられます。
 ※平成26年4月1日までに70歳のお誕生日を迎えた方は1割負担で医療がうけられます。

*一定以上所得者とは,同一世帯に住民税課税所得145万円以上の70歳以上の国保保険者(または後期高齢者保険者)がいる方。ただし,70歳以上の収入額の合計が二人以上で520万未満,一人で383万円の場合は申請により1割負担となります。

■お医者さんにかかるとき

●75歳以上の人は→後期高齢者医療制度で医療をうけます。
(お医者さんにかかるときに,必要なものは)
・後期高齢者医療被保険者証(保険証)

*75歳の誕生日から該当です。

*65歳以上で,一定の障害がある人は任意で加入することができます。

●75歳未満の人は→国民健康保険で医療をうけます。
(お医者さんにかかるときに,必要なものは)
・国民健康保険証
・国民健康保険高齢受給者証
 

関連画像

国保年金課の場所

関連書類

関連リンク

情報発信元:健康福祉部 国保年金課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
MAIL:kokuho1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2014年05月22日 14時27分
文書番号 000001120  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス