鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
日常生活支援制度

 母子家庭及び父子家庭等の方が修学や疾病などの理由により,一時的に介護や保育サービスが必要な場合に,家庭生活支援員の派遣を受けられる日常生活支援制度がご利用いただけます。

 費用は,利用者の所得に応じてご負担いただきます。
 こども福祉課窓口でご相談ください。


■派遣が受けられる事由

・自立促進に必要な事由
 母又は父・寡婦の方が,自立に必要な勉強等をするとき,又は就職活動をするとき。
・社会的に必要な事由
 冠婚葬祭,出張及び学校等の公的行事への参加のとき。
・その他の必要な事由
 ケガや病気,事故,災害,看護等で,介護や保育等のサービスを受けたいとき。


■派遣対象

 母子家庭,父子家庭及び寡婦の方


■実施の場所

・利用者の居宅
・家庭生活支援員の居宅
・講習会等受講している場所
・児童館,母子生活支援施設等の利用しやすい適切な場所


■派遣内容

・乳幼児の保育
・食事の世話
・住居の掃除
・身の回りの世話
・生活必需品等の買物
・医療機関との連絡 その他


■派遣期間

 1回の要請の事由で,原則として10日以内。

関連画像

関連書類

負担割合(PDF 13KB)

関連リンク

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 こども福祉課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
MAIL:kodomo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2010年03月26日 11時40分
文書番号 000000361  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス