鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
平成21年第1回鹿嶋市議会定例会議案(議決結果)

平成21年第1回鹿嶋市議会定例会に提出する議案の議決結果は次のとおりです。

◆平成21年第1回鹿嶋市議会定例会議案(審議内容)◆

[議決年月日 平成21年3月18日] 議案第1号 平成21年度鹿嶋市一般会計予算 [原案可決] 1 歳入歳出予算について (1)歳入歳出予算の総額は,前年度比0.2%減(4,800万円減)の213億5,800万円となりました。 (2)歳入としましては,市税は,景気後退による法人市民税の減,土地家屋の評価替や企業の設備投資の減に伴う固定資産税の減などにより,前年度比3.5%減(4億9,586万6千円減)の137億4,779万4千円を見込みました。  地方交付税は,合併特例に基づく普通交付税の交付率が30%から10%に縮減され,前年度比71.1%の大幅減となる1億1,000万円を見込みました。  繰入金は,市税や地方交付税の減による財源不足を補うため,財政調整基金を繰り入れるなど,前年度比67.6%増の8億602万5千円を見込みました。  市債は,平井小学校大規模改造事業や大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業など建設事業に対する起債のほか,市場公募債の満期に伴う借換債発行,交付税削減の代替措置である臨時財政対策債の増など,前年度比31.6%増の14億1,010万円を見込みました。 (3)歳出としましては,人件費,扶助費,公債費からなる義務的経費に,2.0%増の99億6,774万2千円を計上しました。  内訳としまして,人件費は,正職員数の減等により一般職員給与費は減少しますが,その他の職員について,業務の質の向上,及び処遇改善のため,臨時職員(物件費)を嘱託職員(人件費)へ移行させたことにより報酬が増加しました。このため,人件費全体では0.3%増の44億1,165万1千円を見込みました。  扶助費は,生活保護扶助経費の増,障がい者自立支援給付事業の増,児童扶養手当の増などにより6.0%増の30億9,948万6千円を見込みました。  公債費は,ミニ公募債の満期一括償還などにより0.4%増の24億5,660万5千円を見込みました。  また,普通建設事業費は,新規事業として平井小大規模改造事業,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業などを予定している一方で,3.3.11街路整備事業,文化会館維持補修費,リサイクルセンター整備事業,豊津小大規模改造事業などが減となり,16.4%減の24億4,263万1千円を計上しました。  物件費は,光熱水費の増,ごみ処理施設管理委託の増,妊婦乳児健康診査委託の増などから3.8%増の35億1,077万9千円を計上しました。  補助費等は,鹿島地方事務組合負担金(RDFセンター)の増,鹿島南部地区消防事業経費の増などから1.9%増の26億4,527万8千円を計上しました。  繰出金は,公共下水道特別会計繰出金,介護保険特別会計繰出金の増などから2.0%増の21億876万6千円を計上しました。 (4)本年度の主要事業としましては,次のとおりです。  総務費関係は,市役所第1庁舎の耐震補強改修工事など「庁舎維持補修費」に1億7,971万6千円を計上しました。  新鹿嶋市総合計画の推進に向けた各種計画策定など「企画調整事務経費」に624万円を計上したほか,地域の活性化や地産地消を推進するため「道の駅建設計画策定事業」に2,098万5千円を計上しました。  太陽光発電システム補助金制度の創設など「地域省エネ事業」に141万円を計上しました。  市民生活の安全・安心の確保に向け,災害時の非常用井戸整備など「災害対策経費」に3,266万9千円,自警団の育成支援など「防犯対策事業」に279万1千円を計上しました。  パスポートの発行等に関する事務を新たに開始するため「旅券事務経費」に172万5千円を計上しました。  中Ⅲ地区,鹿島大野駅・はまなす公園駅周辺の新規着手など「地籍調査事業」に5,748万1千円を計上しました。  民生費関係は,高齢者の生きがいと健康づくりのため「介護予防・地域支え合い事業」に5,420万4千円を計上しました。  安心して子どもを生み,健やかに育てる環境の充実に向けて,小中学生を対象とした「特別助成医療福祉経費」に4,004万1千円,大同西小学校区へ9ヶ所目の児童クラブを新たに整備するなど「放課後児童健全育成事業」に6,341万1千円,延長保育や一時保育,障がい児保育など「特別保育・保育サービス支援事業」に1億1,244万7千円を計上しました。  衛生費関係は,市民の健康づくりの推進,及び医療体制の充実に向けて,健康づくり講座やステップ運動の推進など「健康づくり推進事業」に335万1千円,妊婦乳児健康診査を従来の5回から14回に拡充する「妊婦乳児健康診査経費」に5,924万9千円,夜間の小児救急医療体制を確保するため「夜間小児救急診療事業」に4,414万9千円を計上しました。  また,ごみの減量化と不法投棄撲滅を推進するため,「ごみ不法投棄対策事業」に1,068万8千円,「資源ごみ回収推進事業」に2,403万2千円を計上しました。 労働費関係は,障害者雇用奨励金の創設など「労働行政事務経費」に78万円,離職者の職の確保と当面の生活費を支援するため「緊急就労支援対策事業」に672万8千円を計上しました。  農林水産業費関係は,農家等の生活資金借入に対する利子助成など「農業振興助成費」に368万円,ピーマン生産施設整備補助や減農薬栽培の促進など「産地形成促進事業」に1,766万円,地産地消の推進や農業後継者育成に向けて,「直売施設経費」に191万4千円,はまぐりまつり補助など「水産振興対策経費」に874万7千円を計上しました。  商工費関係は,鹿嶋まつりの開催や,鹿島神宮駅前の賑わいづくり,がんばる商店街支援事業補助金など,「商工業振興助成費」に2,978万円,駅前イルミネーションや花火大会補助など,「観光行事費」に1,473万7千円,NHK大河ドラマ化を目指す塚原ト伝キャンペーン事業や水郷三都ビジットジャパンキャンペーンの推進など,「観光PR事業」に768万1千円,観光案内サインの新規設置など「観光対策事業」に2,047万5千円を計上しました。  土木費関係は,「道路維持補修費」に2億5,307万6千円,0105号(宮中平井)線の改修など「その他の市道整備事業」に2億5,471万7千円,鹿島ハイツ・鹿島養護学校と県道茨城鹿島線(湖岸線)を結ぶ「0222号線市道整備事業」に9,950万円,スタジアム周辺の冠水対策など「排水整備事業」に5,000万円,大野区域の雨水排水対策として「大野環境整備特別対策事業(2期工事)」に2億48万5千円,「3.3.11街路整備事業」に8,955万4千円を計上するなど,引き続き,道路・排水の生活基盤整備を推進します。  また,都市計画マスタープランの変更など,「都市計画策定事業」に1,378万1千円,「平井東部土地区画整理事業補助金」に1億円,遊具の設置など「その他の公園管理費」に2,411万3千円,市民ボランティアによる花いっぱい運動など,「緑化推進事業」に975万1千円を計上しました。 消防費関係は,地区消防団の消防自動車更新など,「消防施設整備費」に2,663万3千円を計上しました。  教育費関係は,独自の英会話学習を市内全小学校で実施するなど「英語指導事業経費」に1億887万円,教諭・講師の指導力向上を目指すための「師範塾関係経費」に801万4千円,TT(ティームティーチング)非常勤講師を小中学校に配置する「TT特別配置事業」に4,503万7千円,担任教諭をサポートするアシスタントティーチャーの配置に加え,理科と音楽の専科担当非常勤講師を配置するなど「小学校教育振興支援事業」に5,769万3千円,30人以下の少人数学級体制を小学2年まで拡充する「市費負担教職員給与費」に5,694万8千円計上するなど,複数の教諭・講師によるきめ細かい指導を行うことにより,確かな学力の向上と個性を伸ばす教育内容の充実を図ります。  また,特別支援教育に関する啓発・相談を行うため「特別支援教育推進会議経費」に181万4千円,小学校の読書環境充実とネットワーク化を進める「学校図書館経費(小学校)」に3,244万5千円,韓国西帰浦市,オーストラリア・カラウンドラ市への派遣交流を行う「中学生海外派遣交流事業」に1,432万3千円,放課後こども教室の全小学校実施や,小学生の野外体験事業フロンティア・アドベンチャーなど「青少年育成対策経費」に1,141万8千円を計上しました。  喫緊の課題である教育施設の耐震化については,老朽化が著しい「平井小学校大規模改造事業」に3億5,825万6千円を計上したほか,「小学校耐震補強事業」に6,480万6千円,「中学校耐震補強事業」に5,348万8千円を計上し,耐震強度の低い施設10校について,平成23年度までの3ヵ年で集中的に耐震補強工事を実施します。  また,生涯学習関連としては,地区まちづくり活動や市民講座の事業委託など「公民館活動費」に1,558万4千円,地区公民館の適正な維持管理を行うため「公民館施設管理費」に5,347万5千円,老朽化の著しい大野まちづくりセンターと大野出張所を解体し,300人規模の多目的ホールと図書館機能を備えた,地域の新たな複合拠点施設として整備する「大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業」3億5,721万1千円を計上し,文化事業の充実や活動の支援,及び拠点となる施設の整備,拡充を進めます。  スポーツ関連としましては,ト伝杯武道大会,サッカーフェスティバル,駅伝大会,24時間サッカー大会の開催など,「社会体育振興事業」に1,863万8千円,大野第一球場の改修など「スポーツセンター等維持補修費」に1,049万5千円を計上し,スポーツを楽しむ環境づくりを引き続き推進します。 2 債務負担行為について  債務負担行為は,土地評価システム業務委託,いきいきふれあいプラザ指定管理料,農家等生活資金利子補給(平成21年度),都市計画マスタープラン変更委託について,新たに設定しました。 3 地方債について  市債は,農村振興総合整備事業810万円,県営かんがい排水事業280万円,道路整備事業(まちづくり交付金)3,500万円,排水整備事業1億5,000万円,都市計画街路整備事業(まちづくり交付金)5,100万円,平井小学校大規模改造事業1億4,520万円,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業1億5,600万円を,それぞれ計上したほか,平成16年度市場公募債借換債(排水整備事業)1億1,200万円,臨時財政対策債7億5,000万円を見込みました。 議案第2号 平成21年度鹿嶋市国民健康保険特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比2.5%増(1億8,450万1千円増)の74億8,410万8千円となりました。  歳入としましては,国民健康保険税23億4,132万8千円,国庫支出金21億6,200万5千円,療養給付費等交付金3億3,305万円,前期高齢者交付金10億1,185万1千円,県支出金3億8,774万8千円,共同事業交付金8億1,733万6千円,繰入金4億937万8千円,諸収入他2,141万2千円を見込みました。  歳出としましては,総務費6,415万3千円,保険給付費49億2,712万8千円,後期高齢者支援金等10億9,903万2千円,前期高齢者納付金等351万2千円,老人保健拠出金5,782万円,介護納付金4億4,094万6千円,共同事業拠出金8億2,835万2千円,保健事業費4,621万3千円,諸支出金他1,695万2千円を計上しました。 議案第3号 平成21年度鹿嶋市老人保健特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比78.5%減(2億8,072万7千円減)の7,651万1千円となりました。  歳入としましては,支払基金交付金3,236万2千円,国庫支出金2,000万1千円,県支出金500万1千円,繰入金500万円,繰越金1,399万4千円,諸収入15万3千円を見込みました。  歳出としましては,医療諸費6,236万円,諸支出金515万1千円,予備費900万円を計上しました。 議案第4号 平成21年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比10.6%減(4,229万2千円減)の3億5,575万8千円となりました。  歳入としましては,後期高齢者医療保険料2億8,340万円,繰入金7,129万1千円,諸収入他106万7千円を見込みました。  歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金3億5,469万1千円,諸支出金106万7千円を計上しました。 議案第5号 平成21年度鹿嶋市介護保険特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比5.8%増(1億4,044万3千円増)の25億5,161万3千円となりました。  歳入の主なものとしましては,介護保険料5億4,666万9千円,国庫支出金5億1,127万円,支払基金交付金7億3,894万9千円,県支出金3億7,145万2千円,繰入金3億8,304万3千円を見込みました。  歳出の主なものとしましては,総務費4,054万2千円,保険給付費24億4,288万円,地域支援事業費6,767万円を計上しました。 議案第6号 平成21年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比56.5%減(1億459万8千円減)の8,047万5千円となりました。  歳入としましては,保留地処分金1,567万4千円,財産収入1千円,一般会計繰入金6,380万円,前年度繰越金100万円を見込みました。  歳出としましては,換地計画委託料等7,450万円,工事請負費105万円,その他審議会費,公債費,事務費等492万5千円を計上しました。 議案第7号 平成21年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比0.29%増(601万5千円増)の20億8,991万7千円となりました。  歳入の主なものとしましては,受益者負担金2,256万9千円,使用料及び手数料4億3,691万6千円,国庫支出金2億3,555万円,一般会計繰入金6億5,000万円,前年度繰越金5,473万8千円,下水道事業債6億6,760万円を見込みました。  歳出としましては,総務費及び施設管理費1億4,490万1千円,下水道費10億8,856万5千円,公債費8億5,145万1千円,予備費500万円を計上しました。 議案第8号 平成21年度鹿嶋市農業集落排水特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比15.07%増(948万3千円増)の7,239万4千円となりました。  歳入としましては,使用料1,643万7千円,県支出金72万円,一般会計繰入金4,857万3千円,前年度繰越金664万3千円を見込みました。  歳出としましては,農業集落排水費3,845万円,公債費3,294万4千円,予備費100万円を計上しました。 議案第9号 平成21年度鹿嶋市墓地特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比36.1%減(1,462万9千円減)の2,589万9千円となりました。  歳入としましては,使用料及び手数料1,649万8千円,繰入金650万円,繰越金290万円,諸収入1千円を見込みました。 歳出としましては,墓地管理費231万6千円,公債費2,308万3千円,予備費50万円を計上しました。   議案第10号 平成21年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計予算 [原案可決]  歳入歳出予算の総額は,前年度比5.7%増(1,700万円増)の3億1,500万円となりました。  歳入としましては,繰替金収入3億1,500万円を見込みました。  歳出としましては,需用費(光熱水費)2億8,810万円,役務費(電話料)2,690万円を計上しました。 議案第11号 平成21年度鹿嶋市水道事業会計予算 [原案可決]   1 収益的収入及び支出について  収入としましては,水道料金等の営業収益13億2,403万3千円,預金利子等の営業外収益156万3千円,併せて前年度比0.1%増(61万9千円増)の13億2,559万6千円を見込みました。  支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用12億6,841万8千円,企業債利子等の営業外費用1億250万2千円,特別損失765万6千円,予備費200万円,併せて前年度比4.3%増(5,738万4千円増)の13億8,057万6千円を計上しました。 2 資本的収入及び支出について  収入としましては,企業債1億2,000万円,出資金2,300万円,補助金2,402万7千円,負担金3,043万4千円,併せて前年度比19.0%増(3,149万8千円増)の1億9,746万1千円を見込みました。  支出としましては,建設改良費2億6,863万2千円,企業債償還金1億3,730万円,負担金2,204万7千円,併せて前年度比10.8%増(4,181万7千円増)の4億2,797万9千円を計上しました。  なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億3,051万8千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんするものです。 議案第12号 平成21年度鹿嶋市大野区域水道事業会計予算 [原案可決] 1 収益的収入及び支出について  収入としましては,水道料金等の営業収益1億3,676万7千円,他会計補助金等の営業外収益8,342万7千円,併せて前年度比2.3%減(523万1千円減)の2億2,019万4千円を見込みました。  支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用2億2,291万3千円,企業債利子等の営業外費用4,649万円,予備費100万円,併せて前年度比9.3%増(2,290万6千円増)の2億7,040万3千円を計上しました。 2 資本的収入及び支出について  収入としましては,企業債9,000万円,出資金6,200万円,補助金7,000万円,負担金720万円,併せて前年度比11.1%減(2,873万2千円減)の2億2,920万円を見込みました。  支出としましては,建設改良費2億4,021万6千円,企業債償還金6,371万6千円,併せて前年度比7.5%減(2,477万2千円減)の3億393万2千円を計上しました。  なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額7,473万2千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんするものです。 議案第13号 平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第6号) [原案可決] 1 歳入歳出予算補正について  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ3,769万4千円を減額し,総額224億2,258万1千円となりました。  歳入の主なものとしましては,市税は,税源移譲や定率減税の廃止に伴う個人市民税の増,中間決算等に伴う調定額の精査による法人市民税の増などにより3億309万円の増を見込みました。  そのほか,地域密着型老人福祉施設整備費補助金の取下げなどによる国庫支出金の減8,218万7千円,財政調整基金の繰入れ取りやめなどによる繰入金の減4億5,236万4千円,繰越金の増1億8,375万円,特別養護老人ホーム運営収入など諸収入の増8,719万9千円を見込みました。  市債は,石綿セメント管更新事業,城山公園整備事業(まちづくり交付金),豊津小学校大規模改造事業などに係る市債について,7,220万円の減を見込みました。  歳出の主なものとしましては,退職手当特別負担金の増による総務関係一般職給与費の増7,205万1千円,庁舎維持補修費の減3,602万4千円,老人福祉施設助成事業の減5,500万円,国民健康保険特別会計繰出金の増5,000万円,医療福祉経費の増2,407万2千円,リサイクルセンター整備事業の増1,456万円,神宮駅周辺北土地区画整理事業繰出金の減3,430万円,3.3.11街路整備事業(単独)の増1,824万6千円,公共施設整備基金積立金の増6,847万円,災害対策基金積立金の増5,000万円を見込みました。    2 継続費補正について  継続費は,庁舎維持補修費,及びリサイクルセンター整備事業について,事業費の確定等に伴い,総額及び年割額の変更を設定しました。 3 繰越明許費について  繰越明許費は,老人医療給付経費22万1千円, 観光対策事業840万円,その他の市道整備事業3,062万5千円,その他の市道整備事業(まちづくり交付金)1,451万円,0222号線市道整備事業3,020万円,5035号線市道整備事業1,023万5千円,0151号線市道整備事業2,237万6千円,0154号線市道整備事業4,233万3千円,0212号線市道整備事業5,900万円,街並環境整備事業472万5千円,城山公園整備事業(まちづくり交付金)3,664万5千円,3.3.11街路整備事業(臨交金)1億5,410万円,3.3.11街路整備事業(まちづくり交付金)3,992万円を,それぞれ設定しました。 4 債務負担行為補正について  債務負担行為は,茨城県と共同発行するミニ市場公募地方債に対して,「地方債証券共同発行連帯債務」を設定しました。 5 地方債補正について  市債は,石綿セメント管更新事業,農村振興総合整備事業,道路整備事業(まちづくり交付金),城山公園整備事業(まちづくり交付金),豊津小学校大規模改造事業について,事業費の減等に伴い,それぞれ限度額の変更を行いました。   議案第14号 平成20年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) [原案可決]    既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ897万8千円を追加し,総額76億7,415万2千円となりました。  歳入としましては,国庫支出金7,211万1千円,療養給付費等交付金2,847万8千円をそれぞれ減額し,財産収入11万2千円,国民健康保険支払準備基金繰入金5,935万5千円,一般会計繰入金5,000万円,諸収入10万円を見込みました。  歳出としましては,保険給付費815万4千円,積立金11万2千円,諸支出金71万2千円を計上しました。 議案第15号 平成20年度鹿嶋市老人保健特別会計補正予算(第3号) [原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ4,942万5千円を減額し,総額4億3,237万8千円となりました。  歳入としましては,支払基金交付金789万2千円,国庫支出金1,445万6千円,繰入金375万円,繰越金2,657万5千円をそれぞれ減額し,県支出金324万8千円を見込みました。  歳出としましては,医療諸費5,000万円を減額し,諸支出金57万5千円を計上しました。 議案第16号 平成20年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) [原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ8,582万8千円を減額し,総額3億1,222万2千円となりました。  歳入としましては,後期高齢者医療保険料6,608万円,繰入金1,792万3千円,諸収入182万5千円を減額しました。  歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金8,400万3千円,諸支出金182万5千円を減額しました。 議案第17号 平成20年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第2号) [原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ4,872万2千円を減額し,総額23億7,515万9千円となりました。  歳入としましては,国庫支出金1,956万7千円,支払基金交付金5,209万3千円,県支出金2,232万1千円,繰入金2,041万6千円を減額し,財産収入30万8千円,繰越金6,536万7千円を見込みました。  歳出としましては,総務費255万2千円,保険給付費1億3,710万円を減額し,積立金9,093万円を計上しました。 議案第18号 平成20年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) [原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ9,117万6千円を減額し,総額9,389万7千円となりました。  歳入としましては,保留地処分金6,587万5千円,一般会計繰入金3,430万円を減額し,前年度繰越金899万9千円を見込みました。  歳出としましては,印刷製本費81万9千円,保留地販売委託料35万7千円,換地計画委託料9,000万円を減額しました。 議案第19号 平成20年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第4号)[原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ2,069万3千円を減額し,総額24億24万6千円となりました。  歳入としましては,市債5,010万円を減額し,受益者負担金2,564万円,財産収入6万7千円,前年度繰越金370万円を見込みました。  歳出としましては,公債費2,850万円を減額し,総務費780万7千円を計上しました。 議案第20号 平成20年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計補正予算(第1号)[原案可決]  既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ1,600万円を追加し,総額3億1,400万円となりました。  今回の補正は,電気料金の単価値上げに伴うものです。  歳入としましては,繰越金収入1,600万円を見込みました。  歳出としましては,需用費(光熱水費)1,600万円を計上しました。 議案第21号 鹿嶋市一般旅券印紙等購買基金条例 [原案可決]  この条例は,平成21年6月から一般旅券事務取り扱いを開始することに伴い,購買基金を設置し,発給業務に係る収入印紙及び茨城県収入証紙の売りさばきに関する事務を行うため,制定するものです。 議案第22号 鹿嶋市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例 [原案可決]  この条例は,介護従事者の処遇改善を目的とする平成21年度の介護報酬の改定に伴い,介護保険料の急激な上昇を抑制するために交付される介護従事者処遇改善臨時交付金を財源とし,地方自治法第241条第1項の規定に基づき,鹿嶋市介護従事者処遇改善臨時特例基金を設置し,基金を適正に管理し運営するため,制定するものです。 議案第23号 鹿嶋市資金積立基金条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,災害の予防,災害発生時の応急対策及び復旧作業などの迅速な執行に必要な財源を確保することを目的とした「鹿嶋市災害対策基金」を,新たに設置するため,条例の一部を改正するものです。 議案第24号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,社会教育指導員を嘱託職員へ移行することに伴い,非常勤の特別職から除くこと,及び教育委員会所管の各委員会等の委員に大学准教授の職を設け,報酬額を大学教授と同額とするため,条例の一部を改正するものです。 議案第25号 鹿嶋市税条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,個人市民税の税額控除対象寄附金について,公益の増進を目的とする県内に事務所を有する法人又は団体に対する寄附金に限定するため,条例の一部を改正するものです。 議案第26号 鹿嶋市固定資産税の特例措置に関する条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,市内への事業所等の新増設を誘導し,さらなる産業の活性化及び雇用機会の拡大を目的に,固定資産税の特例措置の対象整備手法,対象事業及び対象地域の範囲を拡大するため,条例の一部を改正するものです。 議案第27号 鹿嶋市知的障害者更生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,障害者支援施設の設置規定及び支給決定等の根拠規定が,知的障害者福祉法から障害者自立支援法へ移行したことに伴い,条例の一部を改正するものです。 議案第28号 鹿嶋市国民健康保険条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,児童福祉法の改正により,新たに制度化される小規模住居型養育事業の対象となる扶養義務者のない児童について,国民健康保険の被保険者の適用除外とするため,条例の一部を改正するものです。 議案第29号 鹿嶋市国民健康保険税条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,国民健康保険法施行令の一部改正により,介護納付金賦課限度額が9万円から10万円に改められたことに伴い,条例の一部を改正するものです。 議案第30号 鹿嶋市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,平成21年4月からの法定妊産婦検診の助成回数が拡大され,支援体制が充実することを受けて,適切な制度運営の観点から茨城県医療福祉対策要綱が改正になったことに伴い,妊産婦については,妊娠・出産に起因する特有の疾病のみを助成対象とするため,条例の一部を改正するものです。 議案第31号 鹿嶋市介護保険条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,介護保険法第117条第1項の規定に基づく介護保険事業計画の見直し並びに介護保険法施行令の一部改正に伴う介護保険制度の健全な運営を確保することを目的に平成21年度からの介護保険料の改定を行うため,条例の一部を改正するものです。 議案第32号 鹿嶋市ホームヘルプサービス事業に関する条例の一部を改正する条例 [原案可決]  今回の改正は,介護保険法,障害者自立支援法等の施策の対象者とならない難病患者等をホームヘルプサービスの派遣対象者とするため,条例の一部を改正するものです。 議案第33号 鹿嶋市在宅介護支援センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例 [原案可決]  この条例は,在宅介護支援センターがこれまで担ってきた,高齢者の総合相談及び支援等の業務が地域包括支援センターに移行されたことに伴い,廃止するものです。 議案第34号 鹿島地方公平委員会共同設置規約の変更について [原案可決]  この規約の変更は,鹿島地方事務組合と鹿島南部地区消防事務組合が平成21年4月1日付けで統合することに伴い,規約の一部改正の必要が生じ,鹿島地方公平委員会共同設置規約を変更することについて協議したいので,地方自治法第252条の7第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により,議会の議決を求めるものです。 議案第35号 (仮称)リサイクルセンター建設工事請負契約の変更について [原案可決]  今回の契約の変更は,資材価格の急激な変動に伴い,高騰した対象資材の増額分の一部を,循環型社会形成推進交付金等に基づき,市及び国が負担するものです。 議案第36号 平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第7号) [原案可決] 1 歳入歳出予算補正について  平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第6号)における補正後の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ10億5,326万5千円を追加し,総額234億7,584万6千円となりました。  これは,定額給付金,及び子育て応援特別手当の支給に係る事業費を補正するものであります。  歳入としましては,定額給付金給付事業費補助金10億1,594万1千円,子育て応援特別手当交付金3,732万4千円を見込みました。  歳出としましては,定額給付金給付事業10億1,594万1千円,子育て応援特別手当支給事業3,732万4千円を計上しました。 2 繰越明許費について  繰越明許費は,定額給付金給付事業10億4,307万1千円,子育て応援特別手当支給事業3,775万9千円を,それぞれ設定しました。 報告第1号 専決処分について(平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第5号)) [原案承認]  既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ3,199万2千円を追加し,総額を224億6,027万5千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。これは,定額給付金給付事業,及び子育て応援特別手当交付事業に係る事務費を補正するものです。  歳入としましては,定額給付金給付事務費補助金3,141万6千円,子育て応援特別手当事務取扱交付金57万6千円を見込みました。  歳出としましては,定額給付金給付事業事務費3,141万6千円,子育て応援特別手当交付事業事務費57万6千円を計上しました。

◆平成21年第1回鹿嶋市議会定例会議員提出議案(議決結果)◆

◆動議◆
平成21年度鹿嶋市一般会計予算(平井東部土地区画整理組合)1億円補助金に関し鹿嶋市議会会議規則第17条に基づく凍結の動議 [原案可決]
◆決議◆
平成21年度鹿嶋市一般会計予算付帯決議 [原案可決]
◆議案◆
鹿嶋市議会会議規則第14条に基づき,平井東部土地区画整理組合事業に対する特別委員会設置に関する議案 [原案可決]
◆請願◆
大衆娯楽施設(ミニボートピア)誘致に関する請願について [採択]

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:総務部 総務課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2934
MAIL:soumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2009年03月19日 16時49分
文書番号 000003779  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス