スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2011年05月13日 13時36分 文書番号 000005233 印刷ページ   スマートフォン版

平成23年第1回鹿嶋市議会臨時会議案 (議決結果)

情報発信元:総務部 総務課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2934  
MAILsoumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
平成23年第1回鹿嶋市議会臨時会に提出した議案の議決結果は次のとおりです。

◆平成23年第1回鹿嶋市議会臨時会議案(議決結果)◆

[議決年月日 平成23年5月12日]

◆平成23年第1回鹿嶋市議会臨時会議案(審議結果)◆



議案第35号 三笠小学校耐震補強工事請負契約について【原案可決】
議案第36号 高松中学校耐震補強工事請負契約について【原案可決】

 議案第35号,議案第36号の今回発注します工事は,学校施設の耐震補強工事を実施するものです。
 条件付き一般競争入札を電子入札で4月19日に執行した結果,次の内容で請負契約を締結するため,議会の議決を求めるものです。
 議案第35号三笠小学校耐震補強工事請負契約は,入札参加数10社,落札業者は常総開発工業株式会社で,契約金額2億2,841万7千円です。
 次に,議案第36号高松中学校耐震補強工事請負契約は,入札参加数9社,落札業者は鈴縫工業株式会社水戸営業所で,契約金額1億5,839万2,500円です。
 なお,今回の耐震補強工事は,平成23年3月の第1回定例会において,「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」による平成22年度「安心・安全な学校づくり交付金」の補助申請にあたり,国庫補助の上乗せを受けるため,平成22年度補正予算を計上し,繰越明許の議決を得たものです。

報告第1号 専決処分について(平成22年度鹿嶋市一般会計補正予算(第5号))【原案承認】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ4億3,335万5千円を追加し,総額を235億3,009万1千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 歳入としましては,地方交付税は,普通交付税と特別交付税で1億7,087万5千円を見込みました。
 国庫支出金は,公立学校施設災害復旧費補助金426万6千円を見込みました。
 県支出金は,避難所経費,被災住宅応急修理等にかかる災害救助費負担金1,621万4千円を見込みました。
 繰入金は,財政調整基金2億4,200万円を見込みました。
 歳出としましては,災害対策費としまして,避難所に要する経費など被災者支援経費に1,175万1千円,災害ゴミの処理に要する費用など環境衛生対策経費に771万4千円,災害対策本部経費に5,600万1千円を計上しました。
 また,災害復旧費としまして,道路,市営住宅,下水道等の緊急的な復旧作業に要する土木施設災害復旧費に3億1,027万4千円,保育園等の復旧に要する民生施設災害復旧費に877万3千円,小中学校,幼稚園,給食センター等の復旧に要する文教施設災害復旧費に3,174万3千円,農業集落排水施設,防災無線等の復旧に要する諸施設災害復旧費として709万9千円を計上しました。

報告第2号 専決処分について(平成22年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第4号))【原案承認】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ6,426万円を追加し,総額を19億4,359万1千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 歳入としましては,一般会計繰入金6,426万円を見込みました。
 歳出としましては,総務費466万2千円を減額し,下水道費6,892万2千円を計上しました。

報告第3号 専決処分について(平成22年度鹿嶋市農業集落排水特別会計補正予算(第3号))【原案承認】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ453万2千円を追加し,総額を7,774万6千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 歳入としましては,一般会計繰入金453万2千円を見込みました。
 歳出としましては,災害復旧費453万2千円を計上しました。

報告第4号 専決処分について(鹿嶋市国民健康保険条例等の一部を改正する条例)【原案承認】

 専決処分しました条例は, 緊急の少子化対策として,平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間,「35万円」から「39万円」に引上げた出産育児一時金の支給額について,暫定措置を恒久化する健康保険法施行令等の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布され,4月1日に施行されたことに伴い,条例の一部を改正したものです。

報告第5号 専決処分について(鹿嶋市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)【原案承認】

 専決処分しました条例は, 地方税法施行令の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布され,4月1日から施行されたことに伴い,基礎賦課額の限度額を「50万円」から「51万円」,後期高齢者支援金の限度額を「13万円」から「14万円」,介護給付金の課税限度額を「10万円」から「12万円」としました。また,他市税との整合性をもたせるために第10期の納期限を「同月28日」から「同月末日」として,条例の一部を改正したものです。

報告第6号 専決処分について(平成23年度鹿嶋市一般会計補正予算(第1号))【原案承認】

1.歳入歳出予算補正について
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ13億8,594万2千円を追加し,総額を221億7,694万2千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 これは,東北地方太平洋沖地震における災害対策費と災害復旧費を補正するものです。
 歳入としましては,被災者に対する固定資産税の減免措置として市税3億5,000万円の減額を見込みました。
 地方交付税は,特別交付税6,948万2千円を見込みました。
 使用料及び手数料は,市営住宅使用料の減免措置として148万5千円の減額を見込みました。
 国庫支出金は,災害等廃棄物処理に対する補助金,市営住宅復旧事業に対する補助金のほか,市道整備事業の見直しによる補助金の減額により6,700万5千円を見込みました。
 繰入金は,財政調整基金繰入金の増,公共施設整備基金繰入金の減により,1億2,904万円を見込みました。
 市債は,道路災害復旧,市営住宅災害復旧,公園等施設災害復旧,教育施設災害復旧等の災害復旧事業債,市税の減免等にかかる歳入欠かん債など,14億7,190万円を見込みました。
 歳出としましては,災害対策費として,防災無線整備工事や被災者支援のための軽トラックの購入など防災対策費に1,040万8千円,り災証明の発行のための経費や災害見舞金など被災者支援経費に2,130万6千円,災害ゴミの処理に要する費用など環境衛生対策経費に1億6,309万7千円,災害対策事務経費に1,201万2千円を計上しました。
 また,災害復旧費として,道路,市営団地,公園等の復旧に要する土木施設災害復旧費に7億4,613万5千円,総合福祉センター,保育園等の復旧に要する民生施設災害復旧費に2,972万4千円,小中学校,幼稚園等の復旧に要する文教施設災害復旧費に4億4,234万3千円,市庁舎,し尿処理場,農業排水施設等の復旧,土地改良区,漁協等への補助,農業集落排水特別会計繰出金等,諸施設災害復旧費に1億3,336万円を計上しました。
 また,災害復旧を優先的に実施するため,道の駅建設計画策定事業,狭あい道路整備事業,市役所周辺道路整備事業,0151号線市道整備事業などの実施を先送りし,1億7,244万3千円を減額計上しました。

2.債務負担行為補正について
 債務負担行為は,系統農業災害資金利子補給,及び東北地方太平洋沖地震緊急漁業対策資金利子補給について,それぞれ設定しました。

3.地方債補正について
 市債は,災害復旧事業債,歳入欠かん等債を新たに設定したほか,防災施設整備事業債,観光対策事業債,道路整備事業債について,それぞれ限度額を変更しました。

報告第7号 専決処分について(平成23年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第1号))【原案承認】

 歳入歳出それぞれ平成23年3月11日に発生した東日本大震災に対応するため,下水道整備費から下水道災害復旧費へ予算額の組み替えについて,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 歳入としましては,下水道事業債1億4,900万円を減額し,災害復旧事業債1億4,900万円を見込みました。
 歳出としましては,下水道整備費1億6,280万円を減額し,下水道災害復旧費1億6,280万円を計上しました。

報告第8号 専決処分について(平成23年度鹿嶋市農業集落排水特別会計補正予算(第1号))【原案承認】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ5,459万8千円を追加し,総額を1億1,588万2千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 歳入としましては,一般会計繰入金1,139万8千円,災害復旧費補助金2,400万円,災害復旧事業債1,920万円を見込みました。
 歳出としましては,災害復旧費5,459万8千円を計上しました。
 
報告第9号 専決処分について(平成23年東北地方太平洋沖地震による災害の被害者に対する市税の減免に関する条例)【原案承認】

 専決処分しました条例は,平成23年東北地方太平洋沖地震による災害の被害者に対し,負担軽減を図ることを目的として,個人市民税,固定資産税及び国民健康保険税を被害の程度や所得の状況に応じて減免するため,条例を制定したものです。

報告第10号 専決処分について(平成23年東北地方太平洋沖地震による災害の被害者に対する介護保険料の減免に関する条例)【原案承認】

 専決処分しました条例は,平成23年東北地方太平洋沖地震による災害の被害者に対し,負担軽減を図ることを目的として,介護保険料を被害の程度や所得の状況に応じて減免するため,条例を制定したものです。

報告第11号 専決処分について(鹿嶋市税条例の一部を改正する条例)【原案承認】

 専決処分しました条例は,地方税法等の一部を改正する法律が,平成23年4月27日に公布され,これに伴い,東日本大震災に係るものとして個人市民税の雑損控除額等の特例,住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例及び固定資産税の特例を受けようとする者がすべき申告等を規定するため,条例の一部を改正したものです。
 
報告第12号 専決処分について(平成23年度鹿嶋市一般会計補正予算(第2号))【原案承認】 

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ5,100万円を追加し,総額を222億2,794万2千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
これは,東日本大震災における災害対策費を補正するものであります。
 歳入としましては,諸収入に,義援金5,100万円を見込みました。
 歳出としましては,被災者支援経費として,東日本大震災鹿嶋市義援金5,100万円を計上しました。

第3号議案 災害復興対策特別委員会の設置について【原案可決】 


関連書類


くらしの情報:関連項目  議会  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス