鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
平成23年第3回鹿嶋市議会定例会議案 (議決結果)

平成23年第3回鹿嶋市議会定例会に提出した議案の議決結果は次のとおりです。


                ◆平成23年第3回鹿嶋市議会定例会議案(議決結果)◆

[議決年月日 平成23年9月21日]


議案第42号 平成23年度鹿嶋市一般会計補正予算(第6号)【原案可決】

1 歳入歳出予算補正について
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ2億9,820万2千円を追加し,総額241億7,906万6千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,使用料及び手数料は市営住宅平井団地の震災による住宅使用料の減免措置として317万7千円の減額を見込みました。
 国庫支出金は,農林水産業施設災害復旧費補助金など,6,011万1千円を見込みました。
 県支出金は,民間賃貸住宅借上事業に係る県負担金,安心子ども支援事業補助金,緊急雇用創出事業補助金など3,714万3千円を見込みました。
 繰入金は,介護保険特別会計繰入金823万円を見込みました。
 繰越金は,前年度繰越金1億3,349万5千円を見込みました。
 諸収入は,平井団地に対する全国公営住宅火災共済機構災害見舞金1,000万円を見込みました。
 市債は,公園等施設,教育施設,農業用施設の災害復旧事業債など,5,240万円を見込みました。
 歳出の主なものとしましては,議会の所管事務調査の中止による議員活動経費の減364万6千円,FMかしま難聴地域解消工事補助金250万円,まちづくり市民センターの駐車場用地取得及び整備費などまちづくり市民センター管理費4,183万4千円,東北3県並びに茨城県内の被災者に対する民間賃貸住宅借上料として被災者支援経費1,080万円,緊急雇用創出事業を活用した臨時職員の雇用や全戸アンケート調査など災害対策事務経費2,039万9千円,老人福祉センターキュービクル改修工事として老人福祉センター管理経費707万4千円,廃プラスチック等処理委託料などごみ処理施設管理経費1,737万8千円,卜伝の郷運動公園の公有財産購入費など卜伝の郷運動公園管理経費1,508万5千円,大野中学校特別教室棟廃止に伴う本校舎の改修の設計業務委託として中学校施設管理費561万3千円,スポーツセンター中央監視装置更新工事として体育施設等維持補修費1,090万4千円を計上しました。
 また,災害復旧費として,公園施設の復旧などに要する土木施設災害復旧費1,054万1千円,第二(高松)幼稚園既存園舎解体工事など文教施設災害復旧費3,057万6千円,土地改良区災害復旧委託など諸施設災害復旧費9,540万9千円を計上しました。

2 債務負担行為補正について
 債務負担行為は,財務会計システム構築委託,財務会計システム賃貸借,民間賃貸住宅借上料について,それぞれ設定したほか,住宅復興資金利子補給(平成23年度)の期間及び限度額を変更しました。

3 地方債補正について
 市債は,市営住宅災害復旧事業,公園等施設災害復旧事業,幼稚園施設災害復旧事業,農業用施設災害復旧事業について,それぞれ限度額を変更しました。


議案第43号 平成23年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ2億2,720万6千円を追加し,総額84億9,420万6千円となりました。
 歳入としましては,国民健康保険税8,820万円を減額し,国庫支出金2億430万1千円,療養給付費等交付金2,423万5千円,繰越金8,687万円を見込みました。
 歳出としましては,介護納付金86万3千円を減額し,保険給付費1億3,273万4千円,後期高齢者支援金等199万7千円,前期高齢者納付金等324万円,諸支出金9,009万8千円を計上しました。


議案第44号 平成23年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第1号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ2,408万4千円を追加し,総額28億6,826万円となりました。
 歳入としましては,介護保険料3,536万9千円を減額し,国庫支出金4,935万5千円,支払基金交付金700万4千円,県支出金309万4千円を見込みました。
 歳出としましては,諸支出金2,408万4千円を計上しました。


議案第45号 平成23年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第4号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ1,883万円を減額し,総額34億7,058万5千円となりました。
 歳入としましては,下水道使用料 1,596万4千円,一般会計繰入金300万円をそれぞれ減額し,前年度繰越金13万4千円を見込みました。
 歳出としましては,総務費1,896万4千円を減額し,下水道費13万4千円を計上しました。


議案第46号 平成23年度鹿嶋市農業集落排水特別会計補正予算(第2号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ7,139万6千円を追加し,総額1億8,727万8千円となりました。
 歳入としましては,前年度繰越金497万6千円,災害復旧費補助金5,752万円,災害復旧事業債890万円を見込みました。
 歳出としましては,災害復旧費7,139万6千円を計上しました。


議案第47号 鹿嶋市スポーツ推進審議会条例【原案可決】

 今回の改正は,スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことが人々の権利であるとの考えに立った新しい時代におけるスポーツの基本理念に基づき,鹿嶋市スポーツ振興審議会の設置根拠であるスポーツ振興法がスポーツ基本法に全部改正されたことに伴い,条例の全部を改正するものです。


議案第48号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,「体育指導委員」の設置根拠であるスポーツ振興法がスポーツ基本法に全部改正されたことに伴い,その名称を「スポーツ推進委員」に改めるため,条例の一部を改正するものです。


議案第49号 鹿嶋市税条例等の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,地方税法の一部改正に伴い,個人市民税の寄附金税額控除の適用下限額が5千円から2千円に引き下げられたこと,上場株式等配当所得に係る軽減税率の特例等が延長されたこと,及び市民税,固定資産税等における不申告に関する罰則の見直し等を行うため,条例の一部を改正するものです。


議案第50号 鹿嶋市災害対策本部条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,災害対策基本法の一部改正に伴い,引用している法律の条項を整理するため,条例の一部を改正するものです。


報告第15号 専決処分について(平成23年度鹿嶋市一般会計補正予算(第5号))【原案承認】
 
1 歳入歳出予算補正について
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ1億3,896万9千円を追加し,総額を238億8,086万4千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。これは,東日本大震災における災害対策費及び災害復旧費などを補正したものです。
 歳入としましては,県支出金は緊急雇用創出事業補助金1,718万6千円,繰越金は前年度繰越金8,118万3千円,雑入は義援金1,300万円及び自治総合コミュニティ助成金1,500万円,市債は教育施設災害復旧事業債1,260万円を見込みました。
 歳出としましては,猿田区コミュニティセンター建設事業補助金1,500万円,東日本大震災鹿嶋市災害見舞金4,000万円,東日本大震災鹿嶋市義援金4,200万円,被災ごみ受入業務委託693万円など総務費に1億548万4千円,観光復興イメージアップ事業委託1,718万7千円,観光看板作成委託233万3千円など商工費に2,015万円,第二(高松)幼稚園園舎復旧工事監理業務委託1,260万円など災害復旧費に1,333万5千円を計上しました。

2 地方債の補正について
 市債は,教育施設災害復旧事業について限度額を変更しました。


報告第16号 専決処分について(平成23年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第3号))【原案承認】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ10億5,000万円を追加し,総額を34億8,941万5千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。これは,東日本大震災による災害に対応するため,下水道災害復旧費を補正したものです。
 歳入としましては,災害復旧費国庫負担金7億円,前年度繰越金2,000万円,災害復旧事業債3億3,000万円を見込みました。
 歳出としましては,下水道災害復旧費10億5,000万円を計上しました。


報告第17号 専決処分について(損害賠償の額の決定について)【原案承認】

 平成23年6月24日,鹿島城山公園内の駐車場において,樹高6mの桜が風により折れ,隣接して駐車中の軽乗用車の屋根部に倒れ損傷した事故について,損害賠償の額を定めたものです。


諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について【原案適任】
諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について【原案適任】
諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について【原案適任】


 諮問第1号から諮問第3号までは,人権擁護委員候補者の推薦について,人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものです。

・丸山 美津江(再任)
  鹿嶋市内で会社役員として経営に携わり,平成11年6月1日から鹿嶋市人権擁護委員に就任している。

・實川 美津江(再任)
  鹿嶋市交通安全母の会会長を経て,平成14年7月1日から鹿嶋市人権擁護委員に就任している。

・本宮 和子(再任)
  民間会社を退職後,まちづくりセンター職員として地域活動等に携わり,平成21年1月1日から鹿嶋市人権擁護委員に就任している。


認定第1号 平成22年度鹿嶋市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について【原案認定】
認定第2号 平成22年度鹿嶋市水道事業会計決算認定について【原案認定】
認定第3号 平成22年度鹿嶋市大野区域水道事業会計決算認定について【原案認定】


 認定第1号から認定第3号までは,平成22年度の鹿嶋市一般会計及び特別会計,鹿嶋市水道事業会計並びに鹿嶋市大野区域水道事業会計の決算認定です。



              
             ◆平成23年第3回鹿嶋市議会定例会議員提出議案(議決結果)◆

[議決年月日 平成23年9月21日]

意見書第4号 教育予算の拡充を求める意見書【原案可決】
 
 子どもたちに豊かな教育を保障することは,社会の基盤作りにとってきわめて重要なことです。地方独自の工夫により教育環境の整備に取り組んできてはいますが,厳しい地方財政の状況などから,財源の確保が困難な状況となっています。また,今回の東日本大震災における教育の早期復興には政府として人的・物的な援助や,一層の財政的支援に取り組むべきであります。
 よって,本市議会は,教育予算を国全体として,しっかりと確保・充実させるよう,地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものです。



関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:総務部 総務課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2934
MAIL:soumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2012年03月21日 10時29分
文書番号 000005404  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス