スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2017年08月07日 16時53分 文書番号 000000557 印刷ページ   スマートフォン版

鹿嶋市の水道事業

部署・施設名 都市整備部 水道課
住所 314-8655茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
所在地 市役所第1庁舎1階
電話番号 0299-82-2911(代表)
FAX 0299-84-5337
メール suidou1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
業務時間 8時30分から17時15分
休業日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

○鹿嶋市の水道事業について

鹿嶋市の水道事業は鹿島区域と大野区域のそれぞれの二つの事業からなっております。


■鹿嶋市水道事業(鹿島区域)

 
 本事業は、鹿島町宮中地区簡易水道として創設、計画給水人口4,000人、一日最大給水量600立方メートルにて昭和40年4月から供給開始しました。

 その後、鹿島開発の急速な進展に伴う人口に対処するため、昭和43年4月から計画給水人口8,000人、1日最大給水量1,200立方メートルとし、地方公営企業法の適用を受けて、上水道に変更しました。

 更に、施設の拡張および整備を行うため昭和46年4月に、計画給水人口15,000人、1日最大給水量3,750立方メートル、昭和48年4月には、1日最大給水量7,500立方メートルに変更しました。

 そして、昭和57年4月から県営鹿島水道事業末端配水部門および豊津地区簡易水道の移管を受け、給水区域を旧鹿島町全域として計画給水人口50,000人、1日最大給水量28,500立方メートルとし事業を行っています。


■鹿嶋市水道事業(大野区域)


 大野区域の水道事業は、北浦湖畔沿いの集落を対象として、中地区・居合地区・津賀地区・武井志崎地区の4カ所の旧簡易水道事業により経営を行ってきた。また旧簡易水道は、創設年度は比較的古く、昭和44年~昭和55年の間に認可を受け事業を推進してきました。

 4事業の現況は、地域人口約17,586人に対し、給水区域内人口が約5,250人であり約12,336人が給水区域外に居住し、この約12,336人の方達の生活用水は全て自家用井戸に依存しています。

 その後、茨城県は上水道の普及率が全国最下位であること、県内での生活環境の変化等による水質の悪化が生じてきたことなどから、圏内を6ブロックに分け、用水供給事業を開始しました。

 そして、鹿行広域用水供給事業の平成15年度1部用水の通水により、平成10年3月19日に鹿嶋市大野区域水道事業として認可を受け、平成10年度より、給水区域を旧大野村全域として計画給水人口18,300人、一日最大給水量5,240立方メートルとし事業経営を開始しました。

水道課の配置図
■ 水道課の配置図
水道課料金徴収窓口の配置図
■ 水道課料金徴収窓口の配置図

関連書類


くらしの情報:関連項目  水道   健康・保健   管理・運営   計画   施設  


※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス