鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
「医療機関債の被害を回復する」!?不審な勧誘に注意!

●「医療機関債」の購入で被害を受けた高齢者が、見知らぬ業者から「被害を回復する」などと言われ、手数料や新たな商品の契約を迫られたという相談が寄せられています。
●他にも、「新しい債権を買った人だけ救済する」等と勧誘されたり、「預金があると被害救済を受けられない」と預金を下ろすように勧誘されたりするケースもあります。
●お金を支払ってしまうと取り戻すことは極めて困難です。うまい話を持ちかけれれても、安易に信用しないことが大切です。
●困ったときには、消費生活センター等にご相談ください。

関連画像

関連書類

関連リンク

見守り新鮮情報第158号(国民生活センター)
消費生活センターからのお知らせ

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課消費生活センター
〒314-8655
TEL:0299-85-1320(直通)
FAX:なし
MAIL:

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2013年04月02日 13時22分
文書番号 000006141  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス