鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
新聞の訪問勧誘トラブル・・・長期契約に気をつけて!

●新聞の訪問販売に関する相談が後を絶ちません。中でも、高齢の消費者に対する長期契約の相談が目立っています。
●長期の契約では、介護、入院などの理由で購読を続けられなくなる可能性がありますが、解約を申し出たとき、景品の代金や違約金を請求されるケースがあります。先の見通せる範囲で契約するようにしましょう。
●契約期間の定めがある契約は、消費者の都合で一方的に解約できないのが原則です。契約をする前に購読できるか慎重に考え、必要なければきっぱりと断ることが大切です。
●高額な景品はトラブルの元になりやすいため、受け取らないようにしましょう。
●クーリング・オフ等ができる場合もあります。困ったときは、消費生活センター等にご相談ください。



関連画像

関連書類

関連リンク

見守り新鮮情報第171号(国民生活センター)
消費生活センターからのお知らせ

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課消費生活センター
〒314-8655
TEL:0299-85-1320(直通)
FAX:なし
MAIL:

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2013年09月02日 09時31分
文書番号 000006366  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス