鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
取材を装って被害回復をうたう手口に注意

●過去に被害に遭った人に、放送局などの報道機関が「取材に応じれば被害金を取り戻す」などと電話をかけ、新たな支払いを要求することは絶対にありません。実在する報道機関と似た名称に惑わされないようにしましょう。
 
●いったんお金を支払ってしまうと取り戻すのは極めて困難です。きっぱり断ることが大切です。
 
●おかしいと思ったとき、困ったときは、消費生活センター等にご相談ください。

関連画像

関連書類

関連リンク

見守り新鮮情報第190号
消費生活センターからのお知らせ

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課消費生活センター
〒314-8655
TEL:0299-85-1320(直通)
FAX:なし
MAIL:

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2014年06月05日 10時00分
文書番号 000006716  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス