スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2014年10月01日 08時43分 文書番号 000006862 印刷ページ   スマートフォン版

行財政改革行動計画(平成25年度実績)

情報発信元:政策企画部 まちづくり政策課 行財政改革推進室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-0789  
MAILgyoukaku1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 市では、市民サービスの向上と効果的・効率的な行政運営を図るため、平成11年度から4次にわたり行財政改革大綱を策定し、計画的に行財政改革を推進してきました。
 平成23年度には第5次行財政改革大綱を策定し、新たな視点で市民と行政が一体となってまちづくりを推進するとともに、自立した行政運営の実現を図るため、これまで進めてきた改革の歩みを止めることなく、引き続き行財政改革に取り組んでいます。
 今回、平成25年度の実績がまとまりましたのでお知らせします。
 
 
■平成25年度行財政改革行動計画実績内容
 行財政改革行動計画の効果額は、3億9,958万円
 
 <主な内訳>
  ◎総人件費の抑制 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      6,485万円
  ◎市税などの収納率向上 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  2億6,001万円
  ◎普通財産の売却 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     1,528万円
  ◎国民健康保険特別調整交付金の確保 ・・・・・・     4,800万円
 
 ☆平成11年度~25年度の効果額累計は、54億5,482万円
 
 
 【重点目標と主な取り組み】
 ◆重点目標1「協働のまちづくりの推進」
  ○協働のまちづくりを進める「市民活動支援制度」の運用
  ○自治基本条例の策定に向けた委員会の設置および審議開始
 
 ◆重点目標2「分権型社会を見据えた行政運営」
  ○業務内容に応じた多様な職員の配置(嘱託職員、再任用職員、臨時職員など)
  ○施設管理の民間活用(大野潮騒はまなす公園附属施設に指定管理者制度を導入)
 
 ◆重点目標3「職員の意識改革と人材育成」
  ○経営感覚、事業活動などの実践を学ぶ民間企業等派遣研修の実施
  ○人材育成方針に基づく各種研修制度、人事評価制度や目標管理制度の運用
 
 ◆重点目標4「持続可能な財政運営」
  ○市税などの収納率向上対策(差押えや公売執行など滞納対策の強化)
  ○市税などの多様な納付環境の整備・充実(クレジットカード納付導入)


関連書類


くらしの情報:関連項目  行財政改革   計画   計画(公表制度)  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス