鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例について

納期の特例について
 
 市民税・県民税の特別徴収税額の納期は,年12回(6月から翌年5月)が基本となっています。納期の特例は,給与の支払を受ける者が常時10人未満の事業所について,市長の承認を受けることにより,納期を年2回とすることができる制度です。
 制度を利用するには,申請が必要です。記載例を参考に,「市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書」を税務課まで提出してください。(郵送による提出も可。)
 なお,特例について承認を受けた特別徴収義務者は,それ以降毎年の市民税・県民税の特別徴収税額について,特例の適用が継続されます。納期の特例の要件を欠くこととなった場合や,承認を取り消す場合は「市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例要件欠格届出書」を速やかに提出してください。
 ※郵送による申請で,受付印を押印した控えが必要な場合には,申請書の写しと切手を貼った返信用封筒を同封してください。
 
納期限
 
 納期の特例は,市長に承認を受けた月以降に支払われる給与より徴収する特別徴収税額からの適用となります。
 承認を受けた以降は,次の納期限までに納入してください。
 
6月から11月までに支払った給与より徴収した市民税・県民税          ⇒  納期限   12月10日※
12月から翌年5月までに支払った給与より徴収した市民税・県民税  ⇒  納期限 翌年6月10日※
※10日が土曜日・日曜日・祝日にあたるときは,次の平日が納期限となります。
 
 
納入書
 
 通常,14枚(6月分~翌年5月分12枚,ブランク2枚)の納入書を,「平成〇〇年度 給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書」とともに,5月に送付しておりますが,納期の特例の承認を受けている事業所については,納入書を同封しておりません。
 後日税務課より,納期の特例用の納入書(6月~11月分,12月分~翌年5月分の2枚,ブランク2枚)を別途お送りします。
 
 
留意事項
 
1.この特例は,納期に関する制度ですので,特別徴収税額の徴収は毎月行ってください。
2.給与の支払を受ける者の人数が,常時10人以上となった場合は,その旨を遅滞なく届け出てください。
3.特別徴収の対象となっている方に,退職・休職・転勤等の異動があった場合は,必ず異動届出書を提出してください。
4.年度当初(6月分)から納期の特例の承認を受けたい場合には,その年の4月15日頃までの提出にご協力をお願いします。年度途中での申請の場合,承認を受けるより前月の支払に係る特別徴収税額の納期限は,通常どおり翌月の10日となりますのでご注意ください。提出の際は,特例の適用を受けたい月の前月までに余裕を持って申請書を提出してください。
5.次に該当する場合は,申請をしても却下又は承認が取り消されることがありますので,ご了承ください。
(1) 給与の支払を受ける者の人数が常時10人未満であると認められない場合
(2) 市税に滞納や著しい納入遅延がある場合
(3) 1年以内に承認の取り消しを受けている場合
 
 
様式
 市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書 (PDF 74KB)
 市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書 (Excel 35KB)
 市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書の記載例 (PDF 137KB)
 市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例要件欠格届出書 (PDF 57KB)
 市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例要件欠格届出書 (Excel 32KB)
 

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:総務部 税務課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-84-1212
MAIL:zeimu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2014年12月11日 15時24分
文書番号 000006944  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス