スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2014年12月18日 17時34分 文書番号 000006977 印刷ページ   スマートフォン版

平成26年第4回鹿嶋市議会定例会議案(議決結果)

情報発信元:総務部 総務課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2934  
MAILsoumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
平成26年第4回鹿嶋市議会定例会に提出した議案の議決結果は次のとおりです。
 
 
               ◆平成26年第4回鹿嶋市議会定例会議案(議決結果)◆
 
 
[議決年月日:平成26年12月18日]
 
 
議案第83号 平成26年度鹿嶋市一般会計補正予算(第10号)【原案可決】
        【企画部 財政課】
 
1 歳入歳出予算の補正について
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ8億4,120万5千円を追加し,総額240億4,747万8千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,復興交付金事業の増などによる地方交付税の増1億1,073万1千円,生活保護費負担金や東日本大震災復興交付金などによる国庫支出金の増2億6,261万5千円,鹿行南部地域病院群輪番制運営県負担金や子育て支援体制緊急整備事業などによる県支出金の減1,031万4千円,財政調整基金繰入金や復興まちづくり支援事業基金繰入金,東日本大震災復興基金繰入金による繰入金の増4億5,765万2千円,道路整備事業や造成宅地滑動崩落緊急対策事業などによる市債の増2,320万円などを見込みました。
 歳出の主なものとしましては,訓練等給付サービス事業費などによる自立支援給付事業3,891万5千円,児童手当による児童手当等経費2,019万円,国庫負担金返還金などによる生活保護運営対策事業費7,996万8千円,医療扶助費による生活保護扶助経費2,672万円,道路維持補修費3,834万3千円,道路用地取得費などによるその他の市道整備事業2,150万7千円,造成宅地滑動崩落緊急対策事業(復興交付金)4,859万8千円,設計委託料などによる市街地液状化対策工事(復興交付金)2億6,612万2千円,私立幼稚園就園奨励費補助金による私立幼稚園振興対策費(補助)2,155万1千円,基金積立金による東日本大震災復興基金積立金1億9,959万円などを計上しました。
 
2 繰越明許費の補正について
 繰越明許費は,市街地液状化対策工事(復興交付金),中学校大規模改造事業を新たに設定しました。
 
3 債務負担行為の補正について
 債務負担行為は,ふるさと納税クレジットカード決済手数料,固定資産台帳整備支援業務委託料,食の自立支援事業委託料を新たに設定しました。
 
4 地方債の補正について
 市債は,造成宅地滑動崩落緊急対策事業を新たに設定し,道路整備事業,道路整備事業(社会資本整備総合交付金)について限度額を変更し,道路災害復旧事業,農業用施設災害復旧事業について廃止しました。
 
 
議案第84号 平成26年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)【原案可決】
        【市民福祉部 国保年金課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ395万9千円を追加し,総額4億7,406万2千円となりました。
 歳入としましては,繰入金382万2千円,諸収入13万7千円を見込みました。
 歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金382万2千円,諸支出金13万7千円を計上しました。
 
 
議案第85号 平成26年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第2号)【原案可決】
        【福祉事務所 介護長寿課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ9,843万6千円を減額し,総額35億9,380万円となりました。
 歳入としましては,国庫支出金1,558万7千円,支払基金交付金2,846万4千円,県支出金1,785万4千円,繰入金3,653万1千円を減額しました。
 歳出としましては,総務費28万3千円,保険給付費9,815万3千円を減額しました。
 
 
議案第86号 平成26年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第3号)【原案可決】
        【建設部 下水道課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ34万円を追加し,総額17億5,497万2千円となりました。
 歳入としましては,前年度繰越金34万円を見込みました。
 歳出としましては,総務費23万2千円,下水道費10万8千円を計上しました。
 
 
議案第87号 平成26年度鹿嶋市水道事業会計補正予算(第2号)【原案可決】
        【水道事業建設部 水道課】
 
 収益的収支については,既定の収入予算総額に増減はありませんが,既定の支出予算総額に,営業費用41万9千円を追加し,総額14億1,522万4千円となりました。
 
 
議案第88号 鹿嶋市子ども特別医療福祉費支給に関する条例【原案可決】
        【市民福祉部 国保年金課】
 
 この条例は,医療福祉費支給に関する条例による小児の対象年齢(15歳)を超える18歳までの子及び現行制度の所得要件により医療費助成を受けられない子に対し,平成27年4月から助成を行うため,制定するものです。
 
 
議案第89号 鹿嶋市行政組織条例【原案可決】
        【総務部 人事課】
 
 今回の改正は,平成27年4月の行政組織改編に伴い,市長の権限に属する事務を分掌させる部の名称及び事務分掌を改めるため,条例の全部を改正するものです。
 
 
議案第90号 鹿嶋市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例【原案可決】
        【総務部 人事課】
 
 今回の改正は,人事院勧告を踏まえ,民間給与との較差是正のための平成26年度給与の引上げ(給料及び勤勉手当)及び給与制度の総合的見直し(給料の引下げ,地域手当の導入,単身赴任手当の引上げ,管理職特別勤務手当の見直し,55歳超職員の給料等の1.5%減額支給措置の廃止)並びに所要の調整措置等を行うため,関連する条例の一部を改正するものです。
 
 
議案第91号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例【原案可決】
        【総務部 人事課】
 
 今回の改正は,一般職の職員に準じ,市長等の期末手当の支給割合を引き上げるため,また,地域包括ケアシステム推進協議会委員の構成員の見直し等に伴い,当該委員の報酬額等を設定するため,条例の一部を改正するものです。
 
 
議案第92号 鹿嶋市運動施設条例の一部を改正する条例【原案可決】
        【市民協働部 スポーツ推進課】
 
 今回の改正は,施設の老朽化に伴い高松緑地体育館を廃止するため,条例の一部を改正するものです。
 
 
議案第93号 鹿嶋市国民健康保険条例の一部を改正する条例【原案可決】
        【市民福祉部 国保年金課】
 
 今回の改正は,産科医療補償制度における掛金の額が3万円から1万6千円に見直されることに伴う健康保険法施行令第36条の改正にあわせて,出産育児一時金の支給額を39万円から40万4千円に変更するため,条例の一部を改正するものです。
 
議案第94号 駅南滑動崩落対策工事(その2)請負変更契約について【原案可決】
        【建設部 都市計画課】
 
 駅南滑動崩落対策工事(その2)の内容を変更するに当たり,当該工事に係る請負契約の変更契約を締結したいので,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案するものです。
 
 
議案第95号 財産の取得について【原案可決】
        【建設部 みどり推進課】
 
 鹿嶋市卜伝の郷運動公園整備事業計画に基づき,公園用地として神向寺地内の土地を取得するものです。
 
 
議案第96号 市道路線の認定について【原案可決】
        【建設部 道路整備課】
 
 今回の路線の認定は,整備計画に基づく道路2路線を認定するものです。
 
 
議案第97号 市道路線の変更について【原案可決】
        【建設部 道路整備課】
 
 今回の路線の変更は,道路改良事業により終点の移動が生じるため,市道路線の変更をするものです。
 
 
報告第9号 専決処分について(平成26年度鹿嶋市一般会計補正予算(第7号))【原案承認】
        【企画部 財政課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ274万円を追加し,総額231億7,117万7千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 これは,子育て世帯臨時特例給付金事業について,申請者が見込みを上回ったことにより給付費を増額補正したものです。
 歳入としましては,子育て世帯臨時特例給付金事業補助金による国庫支出金の増274万円を見込みました。
 歳出としましては,補助金として子育て世帯臨時特例給付金事業274万円を計上しました。
 
 
報告第10号 専決処分について(平成26年度鹿嶋市一般会計補正予算(第8号))【原案承認】
        【企画部 財政課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ2,658万4千円を追加し,総額231億9,776万1千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 これは,源泉所得税の追加納付分を補正したものです。
 歳入としましては,源泉所得税返還金による諸収入の増2,658万4千円を見込みました。
 歳出としましては,公課費として総務管理事務経費2,658万4千円を計上しました。
 
 
報告第11号 専決処分について(平成26年度鹿嶋市一般会計補正予算(第9号))【原案承認】
         【企画部 財政課】
 
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ851万2千円を追加し,総額232億627万3千円とする補正予算について,地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いました。
 これは,衆議院議員選挙の実施に伴い選挙事務経費を補正したものです。
 歳入としましては,県議会議員選挙費の減及び衆議院議員選挙費の増による県支出金の増825万9千円,財政調整基金繰入金による繰入金の増253千円を見込みました。
 歳出としましては,県議会議員選挙事務経費の減1,110万3千円,衆議院議員選挙事務経費の皆増1,961万5千円を計上しました。
 
 
 
 
               ◆平成26年第4回鹿嶋市議会定例会 議員・委員会提出議案(議決結果)◆
 
 
[議決年月日:平成26年12月18日]
 
 
請願第4号 「保険でより良い歯科医療の実現を求める意見書」の提出を求める請願【採択】
意見書第3号 保険でより良い歯科医療の実現を求める意見書【原案可決】
 
 歯や口腔を健康に保つことは,医療費の抑制にもつながります。
 しかし,患者の医療費負担が大きく,新しい治療の多くが保険給付の対象とされていないなど,歯科治療が受けにくい状況になっています。また,歯科医療の内容を左右する診療報酬は長年低く,歯科医師,歯科技工士や歯科衛生士の,適正な技術評価が求められています。さらに「歯科口腔保健の推進に関する法律」を実効あるものとするために,総合的・具体的な歯科口腔保健の推進が期待されるところです。
 よって,患者・国民が安心して保険でより良い歯科医療を受けられる措置を講じるよう強く求め,地方自治法第99条の規定により意見書を提出するものです。
 
 
請願第5号 鹿島アントラーズを中心としたスポーツのまちづくり推進に関する請願【採択】
 
 鹿島アントラーズは,Jリーグ屈指の強豪チームであり,全国へ「サッカーのまち カシマ」を発信するとともに,多くの鹿嶋市民にサッカーを通じ一体となる感動と,郷土を愛し誇れる気持ちを育ませてくれた素晴らしいサッカーチームです。
 鹿嶋市サッカー協会も,サッカーというスポーツを通し,健全な精神と肉体の育成を目的に活動をしてきました。現在では,鹿嶋市のサッカー競技の全国的なレベルは,各年代で優秀な成績を収めるレベルとなっています。また,サッカーのみならず多くのスポーツ分野において活躍する市民を輩出するまで進化してきました。
 このような状況に鑑み,鹿嶋市民のホームタウンとしての意識の高揚を図るとともに,サッカーが文化として更に鹿嶋の地に根付き,後世へ継承できるよう鹿島アントラーズを積極的に応援しながら,スポーツによるまちづくりの推進及びホームタウン関係機関へ更なる協力・連携を要請するよう請願します。
 
 
 
 


関連書類


くらしの情報:関連項目  議会  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス