スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2015年08月27日 17時40分 文書番号 000007300 印刷ページ   スマートフォン版

イノシシにご注意ください

情報発信元:市民生活部 環境政策課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-84-7759  
MAILkansei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 平成27年8月25日に、市内でイノシシが目撃されました。
 目撃場所は、『はまなす公園付近から豊郷公民館付近まで』と『須賀浄水場付近から宮中の線路付近の水田』の範囲です。(H27.8.27-午後 現在)


 本来イノシシはおとなしい性格の臆病な動物で、普通の状態では人に襲いかかってくることはほとんどありませんが、興奮しているときや至近距離で突然出会った場合などには、襲ってくることがあるので注意が必要です。



  ● イノシシに出会ったときは ●


 ○ 近づかない
 ・ 遠くでイノシシを見つけたときは、そのままイノシシから見えないところへ静かに離れてください。
 ・ イノシシの子(うり坊)を見かけても、かわいいからと近づいたり追いかけたりしないようにしてください。近くに母イノシシがいます。

 ○ ゆっくりと離れる
 ・ 通常の状態(人を気にしないでゆっくりと歩いている、エサを食べている など)のイノシシと出会った場合は、イノシシの方から逃げていきます。あわてて走り出したりせずに、落ち着いて、速やかにその場から立ち去ってください。
 ・ 急に走り出したり後ろを向いたりすると、イノシシも驚いて思わぬ事故につながる可能性があります。
 ・ イノシシの進路(通り道)はふさがないでください。

 ○ 刺激しない
 ・ イノシシは臆病な動物なので、こちらから何もしない限り、突然襲ってくることはほとんどありません。見かけても刺激を与えず、興奮させないことが大切です。
 ・ イノシシと出会ったときに、大声を出したり、犬をけしかけたり、物を投げたり、棒で追い立てたりすると、イノシシが興奮して人を襲ってくる可能性もあるので、イノシシを刺激しないでください。
(イノシシが興奮した状態とは、牙を鳴らして音を出している、毛を逆立てている、慌ただしく走り回っている、地面を脚でひっかいているときなどです。)
 ・ イノシシがケガをしているときや、迷って住宅地等に入り込んだときには、興奮している可能性があるので、イノシシを見かけたら速やかに安全な場所(ブロック塀の裏や家の中など、イノシシから見えないところ)へ避難してください。

 ○ エサを与えない
 ・ イノシシにエサを与えると、民家の近くに居ついてしまう可能性があります。小さな子どものイノシシでも、エサは絶対に与えないでください。
 ・ 民家の近くにイノシシのエサとなる野菜くずなどを放置すると、イノシシのエサ場になってしまう可能性があるので、放置しないようにしてください。

 ○ 犬の散歩に注意
 ・ 至近距離で出会ったときに犬を連れていると、猟犬と勘違いして襲ってくる場合があります。イノシシが向かってきたときは、犬を放すなど、十分に注意してください。



  ● イノシシを捕獲しようとしないでください ●

 イノシシの捕獲には許可が必要です。また、捕獲しようとすると、イノシシを興奮させてしまうことになります。上記のように危険がありますので、捕獲しようとしないでください。



関連書類


くらしの情報:関連項目  その他  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス