鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
過誤申立依頼書

介護保険事業者の方へ

 既に審査決定済みの介護給付費の誤りを訂正するためには、決定済みの実績をいったん取り下げた後に、正しい内容で請求しなおす必要があります。(過誤申立)

 

通常過誤

 通常過誤を行った請求は、翌月の介護報酬の支払額から減額されます。

 通常過誤をする場合は、「介護給付費過誤申立依頼書」を市へ提出してください。(締切日は毎月15日です)

 再請求がある場合は、過誤決定後、翌月以降に国保連合会へ正しい内容で請求しなおしてください。

 

同月過誤

 実地指導などにより過誤の調整額が多額になる場合に行う過誤申立です。実績の取り下げと再請求を同一審査月に行います。

 鹿嶋市は原則、通常過誤により処理していますので、同月過誤申立を行う場合は、事前に介護長寿課までご連絡ください。

 

注意事項

 国保連合会の審査で「返戻」となったものについては、過誤申立の必要はありません。

 郵送でも受け付けますが締切日までに到着するようにしてください(ファクスは不可)。

 また、過誤申立の件数が大量にある場合は、提出書類や提出方法について調整させていただきますので、介護長寿課まで事前にご連絡ください。

 

関連画像

関連書類

過誤申立依頼書(PDF:43.6KB)

関連リンク

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 介護長寿課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
MAIL:kaigo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2016年02月19日 10時09分
文書番号 000007514  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス