鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
介護保険住宅改修について

 在宅で生活をしている要支援・要介護認定を受けている方が、生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、申請により、住宅改修に要した費用(補助対象上限額20万円)の9割または8割に相当する額を支給します。

 

介護保険の対象となる工事

  ・手すりの取り付け

  ・段差の解消(付帯する工事として転落防止柵の設置)

  ・滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更

  ・開き戸から引き戸などへの扉の取り替え、扉の撤去

  ・和式から洋式への便器の取り替え

  ・その他、上記5項目の住宅改修に付帯して必要な工事

   ※屋外部分の改修工事も給付の対象となる場合があります。

 

申請の流れ

1.相談・受付

 住宅改修前に居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)などへ相談します。

 

2.申請

 工事を始める前に、窓口に住宅改修が必要な理由書、申請書、改修予定カ所の写真(日付入り)など、必要書類を提出し、改修の申請をします。償還払いによる申請か、受領委任払いによる申請かを決めて、事前申請をしてください。事前に申請をしないで改修をした場合は、介護保険給付の対象になりませんので、ご注意ください。

 

 ※償還払いとは …被保険者が住宅改修事業者へ改修費用額を全額支払い、申請により介護保険給付分(9割または8割)の支給を受けます。

 ※受領委任払いとは …被保険者は、改修事業者へ費用の1割または2割を支払い、介護保険給付分(9割または8割)は住宅改修事業者が鹿嶋市へ請求し、市から事業者へ直接支払います。

 

3.工事・支払い

 市の審査結果を受けてから着工します。改修後は日付の入った工事カ所の写真を撮影してください。償還払いの方は、改修費用をいったん全額自己負担して、事業者に支払います。受領委任払いの方は、改修費用の1割(または2割)を事業者に支払います。

 

4.払い戻し(工事完了)の手続き

 工事が完了したら、改修後の写真や領収書等を窓口に提出し、改修が終わったことを伝えます。

 

5.払い戻し

 市介護長寿課および茨城県国民健康保険団体連合会の審査後、「介護保険償還払い支給(不支給)決定通知書」が送付され、20万円を限度に工事代金の9割(または8割)が支給されます。事後申請後、支払いまでには2カ月前後を要します。

 

申請に必要な書類

事前申請に必要な書類

 ・介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書

 

 ・介護保険住宅改修理由書

   → 理由書を作成できる者

       以下の資格を有し、居宅介護支援事業所や建設事業者などに所属して、業として業務を行う者

       ア) 介護支援専門員(ケアマネジャー)

       イ) 指定介護予防支援事業所の担当職員(保健師、社会福祉士、経験ある看護師など)

       ウ) 理学療法士

       エ) 作業療法士

       オ) 福祉住環境コーディネーター2級以上

 

 ・見積書(工事内訳書)

 宛名は、被保険者氏名(フルネーム)を記載してください。

 工事予定カ所ごとに工事内容を明記し、材料費・施工費・諸経費などと適切に区分して記載してください。「一式」ではなく詳細に記入願います。

 

 ・現況(改修前)写真

 写真には必ず撮影日を入れてください。

 状況に応じて、遠景(全体写真)・近景に分けて撮影するとともに、1枚で表示できない場合には分割して全体表示するなど、改修カ所を特定してください。

 写真が不鮮明な場合や改修カ所全体が写っていない場合、ポスター・マットなどで改修カ所が隠れている場合などは、撮り直しをお願いすることがあります。

 段差などは、段差が分かるように撮影してくだい。

 手すりの取り付け位置や施工範囲、便器の取り付け位置などの改修内容を記載する場合は、改修前写真とは別に提出してください。

 

 ・平面図

 改修家屋の平面図(1階部分を改修する場合は、1階部分全体の平面図)を添付してください。

 屋外のみの場合は、玄関の位置がわかる平面図(屋外のみ)でも可とします。

 

 ・承諾書  ※被保険者と改修する住宅の所有者が異なる場合のみ

 

 ・受領委任払に係る同意書  ※受領委任払の場合のみ

 

事後申請に必要な書類

 ・介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書

 事前申請時に一度提出いただいた書類を使用してください。 

 着工日と完成日、申請日を記入してください。

 改修費用額、自己負担額、保険給付額の欄は記入しないでください。

 

 ・介護保険住宅改修理由書

 

 ・見積書(工事内訳書)

 

 ・現況(改修前)写真

 

 ・現況(改修後)写真

 改修後の写真を、改修前と同じ位置から撮影日を入れて撮影します。

 改修前と比較することで、改修の状況が分かるように写してください。

 

 ・領収書

 必ず原本を提出してください。原本を返却ご希望の場合は、原本とその写しの両方を持参していただき、介護長寿課で確認後、原本を返却いたします。

 領収書の宛名は、被保険者氏名(フルネーム)を記載してください。

 5万円以上の工事の場合は、収入印紙が貼られていることを確認してください。

 受領委任払の際は、自己負担分(1割または2割分)の領収書を提出してください。

 

 ・請求書  ※事前申請時の見積書と領収書の金額が異なる場合のみ必要

 宛名は、被保険者氏名(フルネーム)にしてください。

 見積書に記載された内容を変更になった内容が対照できるように、内訳を記載してください。

 

 ・平面図

 

 ・承諾書  ※被保険者と改修する住宅の所有者が異なる場合のみ

 

 ・受領委任払に係る同意書  ※受領委任払の場合のみ

 

関連画像

関連書類

住宅改修費支給申請書一式(PDF:366.6KB)
住宅改修費支給申請書一式(記入例)(PDF:972KB)

関連リンク

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 介護長寿課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
MAIL:kaigo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2016年02月24日 10時30分
文書番号 000007518  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス