スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年02月09日 10時54分 文書番号 000007558 印刷ページ   スマートフォン版

車座懇談会(宮津台地区)

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2915  
MAILsiminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
【開催日時】 平成27年11月19日(木) 19時~20時20分   
 
【対象地区】  宮津台地区
 
【 会 場 】 三笠まちづくりセンター
 
【参加人数】   8人
 
【開催風景】
                宮津台地区車座懇談会     
 
【内容要旨】
 
○中央図書館から宮津台ふれあい公園までの通りに、街路灯が欲しいです。何カ所かは設置してあるようですがとても暗いです。通学路にもなっているので街路灯を増やしてほしいです。
 また、各家庭でも門灯を付けるように周知をしたらいいと思います。
 
【市長の回答】通学路は優先して草刈りや街灯などの整備をしています。担当課に現地を確認させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○鹿嶋市は、市全体として街が暗いです。街路灯をもっと増やしてほしいです。市長の話で、街路灯を電柱1本おきにつけるということですが、それは市の方針ということなのですか。 
 
【市長の回答】通学路は優先して整備していきます。具体的な場所を示していただきたいと思います。街灯は、LED化を進めています。住宅街については、市の方針として電柱1本おきに街路灯を付ける方針です。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○保健師の講義を聞く機会があったのですが、鹿嶋市では成人病にかかる率が県平均より高いようです。健康寿命を延ばすための施策を考えていくべきだと考えます。周知活動も少ないのではないでしょうか。さらに、公民館で健康づくりに関する講座や健康づくり体操など事業の充実を望みます。また、公園などに健康遊具などの整備をして身近なところで健康づくりができるようにしてほしいです。
 
【市長の回答】生活習慣病の県内比較について、具体的なデータは今持っていませんが、鹿嶋市は検診の受診率が低いようです。健康寿命の延伸は、とても大事です。市としても健康づくり活動や周知活動を推進していきます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○宮津台ふれあい公園では、ボール遊び(子どものサッカー)ができないようです。ネットなどを張り、安全対策を取ってほしいです。北側の住宅と西側の道路に少し高めのネットがあればいいと思います。また、時間が分からないので時計を設置できないでしょうか。
 
【市長の回答】現場を確認して、検討します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○歴史資料館は必要だと思いますが、誰が見に行くのでしょうか。市民は1回見たらもう行かないだろうと思います。巨額な建設費をかけて整備する必要があるのでしょうか。個人的には、問題だと思っています。 
 
【市長の回答】確かにお金はかかります。20億円くらいかかると試算していますが、子どもたちの教育の機会としたり、市民の集まる機能を付けたり、複合的な機能を持たせたいと思います。また、観光客を呼び込む起爆剤にしたいと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○コミュニティバスは必要だと思います。高齢化が進めば、いずれ免許証の返還が必要になります。きめ細やかなルート整備をはじめ、コミュニティバスの充実が必要だと考えます。今まで利用したことがない方を対象に無料乗車券を配布し、多くの市民の意見を集約してはどうでしょうか? 
 
【市長の回答】近隣の自治体との連携を検討しています。また、今後については公共交通検討委員会の中で検討を進めていきます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○歴史資料館建設にあたっては、多世代の方々の要望を聞いていただき、施設機能に反映していただきたいです。高齢者だけにとどまらず、子育て世代や中高生の利用(学習)など、多くの市民が利用できるような施設にしてほしいです。
 
【市長の回答】意見を参考にして検討します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○子育て支援センターの駐車場が狭いです。特にイベント時には足りなくなります。使っていない遊具もあるようなので、グラウンドを削って駐車場にしてもいいのではないでしょうか。
 
【市長の回答】工夫をしていきたいと思います。担当課に指示し検討させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○2040年には、消滅自治体が約900も出ると言われています。鹿嶋市は、人口の35%ぐらいが減るようです。学校の統廃合を進めながら、校舎を利活用して高齢者の福祉施設にしてはどうでしょうか。
 
【市長の回答】地域のシンボルとして学校はあります。学校の統廃合は考えていかなければならない課題ですが、時間をいただきたいと思います。あわせて、現在は学区の見直しを進めているところです。
 また、高齢化に伴う高齢者の施設整備については課題として受け止めています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○高齢者が家に閉じこもらず、外出して健康づくりを進める施策が必要だと思います。市の対応はどのようになっているのですか。
 
【市長の回答】健康づくりは重要なので、充実に努めていきたいです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○蕎麦屋からスーパーマーケットまでの市道に、歩道が途切れて未整備の箇所があります。とても危険ですが、今後どう整備していくのですか。
 
【市長の回答】用地確保は、地権者の協力が必要です。今までの経過も含め、現況を確認します。


関連書類


くらしの情報:関連項目  意見・要望  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス