鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
下水道処理区域について

  下水道が完成した区域は、順次、下水道処理区域となり、区域内の汲み取り式や浄化槽式トイレは、3年以内に公共下水道に接続することになります。
 さわやかな水洗トイレが使えるばかりでなく、清潔で住み良い環境の街になります。また、海や河川を汚しません。
 

供用開始

 下水道処理区域と定める日を公共下水道の「供用開始日」と呼び、告示や市広報紙および通知などでお知らせします(基本的に3月31日)。


△▼△▼排水設備をつくりましょう!▼△▼△

 家庭から出る台所、洗濯、水洗トイレなどの汚水を公共下水道に流すためには、それぞれの家庭で排水設備をつくらなければなりません。
 下水道処理区域にお住まいの方は、排水設備の設置をお願いします。

■排水設備の申し込みは指定工事店へ

 市では、排水設備の設置や水洗化改造工事について、適正な価格と良心的で安心できる施工が行われるよう「鹿嶋市排水設備指定工事店」(関係書類参照)を定めています。

 「排水設備工事店」は基準にあった必要技術を有しているとともに、工事に必要な諸手続きを代行してくれます。

 工事を「排水設備指定工事店」以外で行うと無資格工事となり、やり直しや罰則が課せられますのでご注意ください。


■水洗化工事資金の助成

 汲み取り式便所、またはし尿浄化槽の設備のあるトイレを水洗トイレに改造する場合、市では工事資金の助成を行っております。

 助成の対象工事は、供用開始告示後3年以内の下水道接続のための改造工事です(新築は除く)。対象者は、建物の所有者、または占有者で、下水道受益者負担金や、市税を滞納していない方です。ただし、官公庁・法人は対象外となります。


■助成の内容

 補助金の交付、または融資斡旋(利子補給)のどちらかをお選びください。

★補助金の額

 供用開始告示後3年以内に下水道接続のための改造工事をした方 50,000円

★融資斡旋(利子補給)

 市から金融機関に対し、融資の斡旋を行い、助成申請者が金融機関より融資を受け、その利子を市で負担する制度です。

・限度額は1世帯の改造工事について借入額30万円までとなります。

・融資の返済は、融資を受けた月の翌月から36カ月以内となります。

・申請の際、連帯保証人が必要となります。

関連画像

関連書類

鹿嶋市排水設備指定工事店一覧H29.11.21(PDF:200KB)

関連リンク

情報発信元:都市整備部 下水道課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-4900
MAIL:gesui2@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年11月21日 13時38分
文書番号 000007658  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス