鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
家族支援事業について

家族支援事業

認知症高齢者家族やすらぎ支援事業

内容
 市の講習会を受けたボランティアのやすらぎ支援員(通称:ひまわりさん)が、ご自宅を訪問し、認知症の方のお話相手や見守りをしている間、介護者に休息や息抜きをしていただくことを目的とした事業です{週1回(1時間程度)}。
 
対象者
 鹿嶋市在住の認知症高齢者とその介護者
 
料金
 無料
 
申込場所
 介護長寿課
 

認知症サポーター養成講座

内容
 平成17年度から厚生労働省で「認知症を知り、地域をつくる10ヵ年」キャンペーンとして開始された講座です。
 認知症に対する正しい知識と対応方法を学び、認知症やその家族を見守り支援する認知症サポーターを養成します。
 認知症サポーターとは特別なことをする人ではなく、認知症やその家族を温かく見守り、安心して暮らせるまちを市民によってつくっていくことを目指しています。
 ・認知症の原因、症状
 ・認知症の診断、治療
 ・認知症の人と接するときの心構え
 ・認知症介護をしている家族の気持ちの理解
 ・認知症についての相談先の紹介 などについて学習します。
 
対象者
 住民・自治会・趣味活動団体・企業・商店・小中高生・PTAなど
 
講師
 キャラバンメイト(講師)を派遣します。
 
時間
 1時間~1時間30分程度
 
料金
 無料
 
申込み
 介護長寿課
 

認知症高齢者等SOSネットワーク事業

詳しくはこちら
 
 

徘徊高齢者探知システム

詳しくはこちら
 

家族介護者教室

詳しくはこちら

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 介護長寿課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
MAIL:kaigo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2016年05月13日 16時34分
文書番号 000007694  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス