スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年06月10日 10時33分 文書番号 000007734 印刷ページ   スマートフォン版

車座懇談会(荒野)

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2915  
MAILsiminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
【開催日時】 平成28年4月21日(木) 19時~20時30分  
 
【対象地区】 荒野 
 
【会場】 龍蔵院・集落センター
 
【参加人数】 18人
 
【開催風景】
        
       
【内容要旨】
 
○この地区の一番の問題は、調整区域になっていることです。財産が大きく目減りしています。線引きをやらないでほしいと言う中、市が行ったことです。都市計画によって人為的に土地の価値が10分の1に下がったのに、税金は下げましたか。大野は整備する約束をしたのに9年たっても手が付けられていない状況です。
 調整区域になって、都会から人が入って来ていません。線引きをやって大野地区の地権者にメリットがありません。線引きを見直すことも必要ではないですか。土地は貯金のようなものです。土地が売れなくなってどうしますか。
 
【市長の回答】旧鹿島町も市街化区域と調整区域とに分けましたが、調整区域でも知恵を出して、住宅が建設できるようにしており、また、農業も行ってきています。しかし、どこにでも家が建ってしまうと、行政サービスが追いつかなくなってしまいます。そのためにも、区分けをしてきました。 
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○家を建てるのにも、倍の時間と経費がかかってしまいます。大野地区を捨てたのですか。道路の整備やインフラ整備を積極的に行うことが合併時の条件だったはずです。計画はどういうものだったのですか。
 
【市長の回答】インフラ整備の問題については、合併以降大野区域については、一般道の舗装、水道,排水の問題などに一定の投資をしています。
 就労の場については、大野区域ではないですが、新日鐵住金と交渉しながら雇用の場を増やしています。企業の誘致にも取り組んでいるところです。
 合併協議の際に、道路の問題に関しては南北と東西の整備を計画し、はまなす通りの道路は速やかに整備しました。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○市民の生命と財産を守る防災公園が廃案になったのは何故ですか。
 
【市長の回答】防災公園については、廃案にはなっていません。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○夏になったら平井海水浴場と下津海水浴場を分けて案内していますが、あそこは一つの大きな海水浴場・海浜公園にして整備すべきです。他の海水浴場(砂)はなくなってきています。      
 
【市長の回答】それは、私も同じように考えています。下津海岸と平井海岸を一つの海水浴場に考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○被害にあった場所を把握しているのなら、こちらから連絡をする前に防災担当部署から「どうですか」というような連絡をすべきだと思います。市民の中には連絡したくてもできない人もいます。 
 
【市長の回答】被害場所は把握しています。一般的に公共インフラは、50ミリの雨を想定して整備をしています。今は、ゲリラ豪雨といわれるようにそれ以上の雨が降り、被害が頻発しています。排水対策も一部同意を得られずできなかったところがありました。区長さんと連絡を密にしながら整備をすすめます。
 また、道路部門も人を増やし、予算も増やし努力をしています。災害時には常時、道路担当、防災担当が巡回をしています。市内を区域分けして業者を指定し速やかに対応をしています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○行政(市役所)に対する要望、提案などについて、区長を通して嘆願書を出してくださいというのはおかしいと思います。
 
【市長の回答】直接来た方の話も聞いて対応しています。聞きっぱなしにはするなと指示しています。車座懇談会について出た意見要望についても担当課に流し、市としての対応を回答しています。
 全てが行政でできるわけではないです。個人や地域にお願いすることもあります。行政にできることは、対応するように指示しています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○線引きの見直しは出来ないですか。市長の判断でできないですか。見直しが可能ならばやってもらいたいです。家が建てば人口も増えます。家が建てられないことには人口は増えないと思います。 
 
【市長の回答】約束はできませんが,絶対にできないというわけではないと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○道の駅(防災公園)について、ほかの場所に作るなら、カシマサッカースタジアム周りに作るべきです。
 
【市長の回答】トイレと駐車場は国で整備してくれますが、建物などは市が整備しなければなりません。民間で計画されているので民間に任せたいと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○市庁舎について、借地ではなく、土地を買収して後世に残らないようにしてもらいたいです。年間いくらほど借地料を払っていますか。買うとするといくらになりますか。市の真ん中あたりの大野区域に市役所を建てればいいと思います。負の財産は残さないでもらいたいです。 
 
【市長の回答】市庁舎の土地は借地となっています。借地の件はプラスマイナスを見て検討したいです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○カシマサッカースタジアム周辺しか開発できるところはないのではないですか。人口増のためにも、どこでもいいから発展させてほしいです。
 
【市長の回答】あの周りの土地は半分が不在地主です。他にも問い合わせはありますが今のところ都市計画法の関係で難しい状況です。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○排水路の末端について、以前、担当部に排水路の整備を要望し、先に整備してもらいました。フタもなんとかしてほしいです。  
 
【市長の回答】1カ所実施したところがあったはずです。どのようになっているか確認をします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 


関連書類


くらしの情報:関連項目  意見・要望  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス