鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
車座懇談会(小山地区)

【開催日時】 平成28年4月26日(火) 19時~20時30分  
 
【対象地区】 小山地区
 
【 会 場 】 小山農村集落センター
 
【参加人数】 30人
 
【開催風景】
                     
 
【内容要旨】
 
○排水路を幅1m深さ90cmにし、40m上方まで延長してもらいたいです。また、今使っている排水路にガードレールが設置されていますが、ガードレールを撤去して、ふたをしてもらいたいです。そうすると、車がすれ違えるようになります。3年計画で600万円かけてやってもらえたらいいと思います。大雨が降ったら、水が溢れる部分もやってほしいです。市のほうで以前、現場を見に来てくれましたが、それっきりになってしまっています。 
 
【市長の回答】高台の農業排水を小山地区は受けてくれています。この内容を受けながら、前向きに検討させてください。聞きっぱなし、やりっぱなしにならないように、職員に検討させて報告します。 
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○小山集会所の前の道路の草木が高く伸びています。立木が道路に倒れてしまうような危険なところは、切ってほしいです。また、野焼きもできないので、切ったあと始末もお願いしたいです。市に良いパンフレットがありました。それを各地区に回覧すればとても良いと思います。
 小山は何の計画でも一番先だけど設計ミスが多く、二番目の地区は素晴らしいです。土地改良や畑を造成した時に両サイドの水路を埋めてしまったから、畑が高く道路が低くなっています。雨が降ったら水が溢れるのは当たり前です。でも、その道路は土地改良の道路ではなく市の道路となっています。小山地区には、議員がいないが区長が頼んだら同じと言う事でやってほしいと思います。
 
【市長の回答】立木や家屋の問題は、所有者の責任です。子どもたちの通学路になっていて危ないところは、昨年から行政の代執行ができるようになったので、優先的に実施しています。パンフレットについては、確認します。
 要望などの対応については、議員さんに言われたからとか、区長さんに言われたからということで区別していることはありません。現地を確認し、優先順位を決めて、予算をつけて実施しています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○中野東小学校で遊んでいた子どもたちのサッカーボールが校庭の敷地から外れて、畑の中に入ることがあります。フェンスからはみ出すと、大回りをして取りに来ることがあり、自分でネットを張りましたが、ちゃんとしたフェンスを市で作ってもらいたいと思います。最初に「教育力」の話がありましたが、何とかならないですか。
 
【市長の回答】担当課へ現状を確認し、対応を検討させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○カーブミラーが各地区にありますが、塩害で腐って倒れてしまいます。その際、交換を要望しましたが、申し込んでから対応するまでに3カ月位かかりました。時間がかかりすぎるので1カ月以内の対応をお願いしたいです。   
 
【市長の回答】入札をして依頼するので、多少の時間はかかります。なるべく早い対応をするよう担当課へ話をします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○信号機の件、海岸側から国道51号へ出るときにセンサーがないので付けてもらいたいです。(湖岸側から国道51号へ出るときは、センサーがあります) 
 
【市長の回答】担当課に確認させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○歴史資料館の完成目標はいつになりますか。
 
【市長の回答】基本構想は出来ています。現在、基本計画を作成しています。また、担当課には、利用できる補助金制度の検討をさせています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○鹿嶋市にいろんな人が移住して来ています。新しく入ってきた人は、この懇談会の参加率は多くないと思います。新しい人達の話の場を作ってもらいたいです。
 地区の運動会を実施していますが、新しく入った人は、ほとんど参加しないので、方法を考えてもらいたいです。 
 
【市長の回答】行政としては、転入の手続きの際、自治会の加入について説明をしています。地区においてもどうしたら良いか考えてもらいたいです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○小山地区は110戸世帯があります。そのうち農業後継者が5人しかいません。鹿嶋市、鉾田市、神栖市の後継者同志での懇談会を1年に1回開催してほしいです。
 
【市長の回答】農業後継者の課題は、大変重要と捉えています。懇談会開催については、担当課に伝えます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○田んぼに関しては、耕作放棄地が増えてきています。畑に関しても他から来た方が耕作しています。今後、この人達が来なくなったら荒れてしまいます。鹿嶋市は、農業活性化のためにどのように支援し、アピールをしていきますか。作る人が減ってきています。 
 
【市長の回答】どうしたら農家の人が米作りをしてくれるのか、農地は集約できるのか、いろいろ考えています。鹿嶋市には認定農業者が109人いますが、園芸作物が多いようです。ハウスを作るための補助金を充実したいと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2915
MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2016年07月19日 14時26分
文書番号 000007778  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス