鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
車座懇談会(明石地区)

【開催日時】 平成28年10月27日(木) 19時~21時
 
【対象地区】 明石
 
【会場】 明石集会所
 
【参加人数】 11人
 
【開催風景】
                   
 
【内容要旨】
○鹿嶋市の木は松ですが、松くい虫によってひどくなっていて松が減ってきています。何とか増やしたいと思っています。市民と行政で松を植え、育てて一緒に松の復活に取り組むことを提案したいです。
 
【市長の回答】鹿嶋市の木の松が、ほとんど見られなくなってきているのは承知しておりますが、具体的な取り組みは、まだされておりません。市の憲章として木を松、花をはまなす、鳥をきじにしている以上何らかの取り組みを行う必要があると思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○明石から下津の海岸は、波がいいということでサーファーが多いです。2020年の東京オリンピックからサーフィンがオリンピック種目になると聞きました。千葉県の一宮海岸が会場候補地になっています。鹿島灘の海もごみの問題や駐車場の問題、トイレの問題などがあると思いますが、オリンピックの練習場として、名乗りを挙げ、補助金などで整備をする取り組みはできないですか。明石の海に来ているサーファーに聞いたところ、南風、北風の問題はあるが、鹿嶋の波はいいと言っていました。
 一宮海岸は、サーフショップが盛り上げているという話も聞いています。鹿嶋市も波の質などいい環境にあると思うので、民間の店舗にリードしていってもらいサーフィンのまちにしていってほしいと思います。
 
【市長の回答】サーフィンをするのに、鹿嶋の海がいいということは聞いています。いかに楽しんでもらい、定着してもらえるようになるかは、ある一定程度の環境整備は必要だと思います。鹿嶋市の海の場合、位置がバラバラなので集約することを考えています。
 下津・平井海岸の駐車場を整備しているので、「トイレ・シャワーを整備し,飲食店もあります」とPRしていきたいと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○温水プールとグラウンドゴルフ場の整備について、建設すると聞いていますが、どのくらいまで進んでいるのですか。グラウンドゴルフをやっていますが、卜伝のグラウンドはサッカーが主で使えない状況です。スポーツセンターの駐車場奥の芝生のスペースを使っていましたが駐車場なのでそこは使わず、スポーツセンター玄関前のトイレ横の芝生のところを使っていいと言われて使っていますが、芝生をきちんと整備してほしいと思います。
 また、卜伝の人工芝が古くなってきていると思いますが、張り替えの予定はありますか。張り替えたあとの人工芝の活用は何かありますか。活用方法が決まっていなければ、グラウンドゴルフの練習場に使いたいと思っています。
 
【市長の回答】大野ふれあいセンターの裏に温水プールの建設を予定しています。具体的な機能については、プールに入った後に、体を温める設備もほしいという要望もあったので、検討を進めています。
 また、グラウンドゴルフ場の整備については、今年度設計して、来年の6月頃から国体に向けて、サッカーコートの整備や高松緑地公園と卜伝グラウンドの人工芝の張り替えを予定しています。サッカー場の整備をするので分散すれば、グラウンドゴルフでも使いやすくなると思います。また、張り替えたあとの人工芝の具体的な活用はまだ決まっていませんので、担当課に確認をします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○自宅から国道51号バイパスへ抜ける道に、毎年、砂利を敷いてもらっていますが、舗装してもらうことはできないですか。舗装できなければ砂利を敷くだけでなく、きちんと整地してほしいと思います。
 
【市長の回答】幅4メートルを基本として、舗装をしているので難しいと思います。砂利の整地に関しては、担当課に確認をします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○鹿嶋まつりで、ホッキ貝とはまぐりの販売をしましたが、入場者が多くホッキ貝が大好評でした。また、市の協力を得て12月中旬には、はまぐり祭りを実施しますが、来年以降も継続してはまぐり祭りが実施できる体制をお願いしたいと思います。水産試験場に調査依頼したところ放流したはまぐりの稚貝が、1~2年後の祭りで提供できるだろうとのことなので、2年後3年後の市の協力もお願いします。後継者に関しては、市の協力を得ながらおかげさまで増えています。イベントをしながら若い後継者を育てていきたいと考えています。漁業者に対する行政支援制度を整備していってほしいと思います。やりがいのある制度を作ってください。
 
【市長の回答】鹿嶋市内で漁業は300軒程あります。後継者がいて素晴らしいことだと思います。とてもありがたい話です。鹿嶋市の特産品であるはまぐりですが、土産には使っていますが、もっとたくさん採れて一般家庭でも手が届く値段で提供できるようになればいいと思っています。また、鹿島灘漁業協同組合の皆さまには、昨年のサメ騒動の時には船で巡回をしていただいたり、網をかけていただき大変お世話になり、ありがとうございました。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○鹿嶋市の中心はどこですか。みんなが集まる場所はどこですか。市役所周辺にしても大町通りにしてもみんなが子どもの手を引いて歩いているようなところがないように思います。人が働いて、住んでいく場所が少ないです。雇用の問題もでてくると思います。大町通りについては、10年前にも同じことを思っていましたが、未だ変わっていません。今後変わっていったらいいと思っています。鹿嶋市の企画力と実行力に期待します。
 
【市長の回答】人口減少は何とかしてくい止めたいと考えていますが、鹿嶋市は5年前から比べると人口は増えています。商工会の若い人たちを行政が支援しながら、大町通りを活用できたらと考えています。若い人たちを支援することで、盛り上げていってもらいたいと思っています。また、鹿行地域をコンパスで描くとアクセス上の中心は鹿嶋市になります。歴史ある鹿島神宮を中心とした街並みづくりをしていきたいと思っています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2915
MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年03月29日 14時39分
文書番号 000008044  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス