鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
車座懇談会(北宮津台地区)

【開催日時】  平成29年1月24日(火) 18時30分~ 20時15分
 
【対象地区】  北宮津台
 
【 会場 】    波野公民館
 
【参加人数】  8人
 
【開催風景】
          車座懇談会(北宮津台)              
 
【内容要旨】
○墓地周辺の問題について、昨年の3月に協定書の内容を不服とし、受け入れられないとして市へ要望を出していましたが、その後何の連絡もありません。どうなっているのですか。木を植えましたが、資源回収を行う場所なので、内側に植えてほしいと思います。
 
【市長の回答】区と墓地管理組合のお互いが協定書の内容や言葉の問題を整理して、協定を交わすことができるよう市で対応をしているところです。
最終的には、市の土地に木を植えていくようになると思います。

--------------------------------------------------------------------------------

○東京オリンピックの会場になるかもしれないということと、フラワーパークができるということですが、道路の問題や交通アクセスの問題はどうなっているのですか。また、どう考えているのですか。

【市長の回答】オリンピックの会場に名乗りを上げる時に、ホテルと交通事情の問題がネックになっていました。ホテルに関しては、民間の事業者が、長栖地区にホテルの建設を進めているほか、市内の民間事業者が、田野辺地区にフラワーパーク、イルミネーション、ホテル建設などを進めています。このフラワーパークが完成すると水戸方面からは、鹿島臨海鉄道を利用しての観光客も増えてくると思っています。また、高速バスも新宿から鹿嶋市に来るように働きかけをしていると聞いています。
道路に関しては、東関東自動車道の整備計画が、茨城空港北ICから鉾田、鉾田から鹿嶋に延伸が予定されています。また、新神宮橋の4車線化と国道51号バイパスの4車線化を知事にお願いしているところです。

--------------------------------------------------------------------------------

○北宮津台区は、昭和60年に区ができました。この地区に住んでいる人も新しく集う場所がほしいです。20人位が集えることができれば良いと思っています。集会所の建設は、なかなか難しいと思いますが、各地区にある集会所は、行政と区で建てたのですか。
宝くじの補助金制度は知っています。一度建てる計画を立てましたが、まとまりませんでした。近くで集う場所や多目的スペースが必要だと思っています。空き家を活用するとか何か良い案はないですか。土地もないため、市の土地を利用することはできないですか。

【市長の回答】他の地区でも、補助金を活用して建設しています。ある地区では、集会所の建設のため、資源ごみの回収金を積み立てているようです。ただし、施設を地区で持つとなると、先々、維持管理の問題も出てくると思いますので、地区でよく話し合っていただきたいと思います。また、空き家を活用するなどの制度については、今後、行政でも策を考えていく必要はあると思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------

○卜伝の郷グラウンドサッカー場の芝の張替えをすると聞きましたが、時間がかかるため利用できない時期が長いと思います。張り替える理由は、国体のためなのですか。

【市長の回答】卜伝の郷グラウンドが利用できない時期については、北海浜多目的球技場や高松緑地公園のサッカー場の活用をお願いします。人工芝については、一般的に10年で張替えの時期となるため、国体にあわせて張替えを行います。

--------------------------------------------------------------------------------

○波野地区にもグラウンド・ゴルフ場がほしいと思います。
 
【市長の回答】波野地区で空いている土地を活用して、身近なところでグラウンド・ゴルフができるようにしていきたいと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------

○テレビで不動産業者が、高齢者向けに土地や建物を紹介し、鹿嶋市はいいところだという番組をみましたが、心配になりました。高齢者世帯だけでなく、人口増にするためには、若い世代の人たちに鹿嶋に来てもらえるよう、また、家族で移住できるような紹介の仕方が必要ではないかと思います。

【市長の回答】市では、他所から鹿嶋市への定住化促進策として、45歳以下を対象に鹿嶋市に定住してくれた人には、報奨金を出すとか、固定資産税の5年間免除や空き家の改築に補助をするなど、若い人たちを呼び込むような取り組みを考えています。市内の不動産業者でも若い人たちを鹿嶋市に呼び込むように、東京でのPRについても準備をしているところだと聞いています。

--------------------------------------------------------------------------------

○ごみの問題で、集積所にごみを持って行けない高齢者が多いです。子どもたちがボランティアで回収している地区もあるようですが、有料でもいいから玄関で回収してもらえるようなシステムを作ってほしいと思います。

【市長の回答】平井押合地区では、子どもたちがボランティアで実施しているようです。また、玄関先や軒先で回収している自治体も出てきているようですが、もう少し時間をいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

○地区でも高齢化になり、自治会をやめる人が多くなってきています。北宮津台区の自治会加入率はどのくらいですか。以前、市役所で聞いたときには、地区ごとの加入率はわからないと言われました。なぜわからないのですか。また、ごみ集積所には、区に入っている入っていないに関係なく捨てています。地区でペナルティがあっても良いのではないですか。

【市長の回答】新しく区へ転入された方には、ごみ集積場所などについて、区長さんに相談するよう、また、自治会の加入については、転入時に窓口においてチラシを配付し、案内を行っているところです。各地区でも何か対策が必要だと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2915
MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年04月19日 10時37分
文書番号 000008068  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス