鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
車座懇談会(爪木地区)

【開催日時】  平成29年2月23日(木) 18時30分~ 20時20分
 
【対象地区】  爪 木
 
【 会場 】    爪木田園都市センター
 
【参加人数】  32人
 
【開催風景】
              車座懇談会(爪木)         
 
【内容要旨】
○産業道路の大船津~爪木の間に信号がないので危ないです。交通事故が多いと思います。信号機の設置をお願いしたいです。
 
【市長の回答】信号機の設置に関しては、警察署の対応になります。状況を話して要望をしていきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

○爪木地区から産業道路につながる農業用道路が、残り15mぐらい未舗装になっています。幅3m長さ15m程度の農業用道路の舗装を要望します。
 
【市長の回答】市道であれば市の管理対応となりますが、農業用道路の管理については、土地改良区になりますので、要望を伝えます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○爪木地区~豊津小学校の通学路が、水たまりがひどいため、整備をお願いします。
 
【市長の回答】道路整備については、通学路を優先的に実施しているので、通学路の水たまりについては、早急に確認し、対応したいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

○高速バスの鹿嶋市のラッピングバスは何台あるのですか。良い宣伝になっていると思います。

【市長の回答】鹿嶋市は1台となっています。鹿行5市で連携した観光における広域連携事業である、鹿行広域DMO(観光地域づくり)プロジェクト事業の一環で、市内発の高速バスに市のマスコットキャラクターを表示し、市の特色をデザインしたラッピング広告を行っています。首都圏での鹿行地域の知名度向上や観光誘致、また、「子育てするなら鹿嶋市で」として、子育て施策の充実をアピールし、将来的に若者の移住・定住化への関心喚起に繋げたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

○爪木の集落人口が増えないのは、線引きの問題があり土地の確保が難しく、家が建ちにくいからだと思う。緑区については、あっという間に家が増えている。爪木地区の高台の都市計画はないのか。

【市長の回答】調整区域内であっても、50戸集落があって、10年間定住している場合、そこから100m以内のところで、隣接のところは、家を建てることができるようになっていますが、豊津地区は、農地以外のエリアが少ないため、難しいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

○爪木の鼻のところに県の土地がありますが、区長のおかげで、昨年の6月と年末に竹を伐採してもらって景観が良くなりました。2年かけてきれいにしてきましたが、まだ残土があり、産業廃棄物も置かれた状態です。県ともやり取りをしていますが、どうにかしてほしいと思います。参考までに廃棄物を処分するには、トラック1台27万円程度かかり、すべてを処分するにはトラック100台程度になるでしょう。

【市長の回答】当該地は県の事業推進課が担当しています。開発用地であり、あの土地をどう活用するか課題でもありますが、過去にも産業廃棄物が捨てられてしまい、現在も捨てられてしまっているようです。県でも把握しているようですが、処分するには大変な費用となるため、もう少し待ってほしいと聞いています。

--------------------------------------------------------------------------------

○堤防に関しては、市へと言われ、堤防の草刈りは、市へ管理を渡したと聞いたが渡されたのか。

【市長の回答】堤防の管理については、県になっています。市が要望を聞いた場合、県へ繋いでいます。

--------------------------------------------------------------------------------

○市の総務課と借地契約をし、爪木地区で遊具を設置し整備した児童公園があります。遊具が古くなり危険で使用できないため、ゴミ捨て場のようになってしまっています。市から借りている土地であるため、市で管理してほしいとお願いしましたが、できないと言われました。地区では、更地にして市へ返す予算も遊具を修理して整備する予算もないため、公園としては使用できないが契約し続けています。市としては、市内に公園を整備していきたいと言っているはずなので、遊具を市で整備できないですか。

【市長の回答】借地を返す場合、更地にすることは、当然であると考えますが、借地契約をしている総務課と公園整備を担当している課へ確認してみます。

--------------------------------------------------------------------------------

○市道の隅切りがきちんとされていないため、車が曲がるときに私有地の敷地を通行しています。隅切りを設けてほしいと思います。

【市長の回答】担当課に確認させます。

--------------------------------------------------------------------------------

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-2915
MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年04月19日 10時37分
文書番号 000008069  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス