鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
平成29年度鹿嶋市不妊治療助成事業のご案内

 
 
○市では、不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方へ、治療費の一部助成を行います。
○対象となる治療は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に終了した治療が対象です。
○1回の治療につき5万円まで(ただし、県の初回助成時は15万円まで)助成します。不妊治療に要した費用の自己負担額から県補助金の額を引いた額が対象となります。
 
【対象者】
 次のすべての要件に該当している方
(1)法律上の婚姻をしている方
(2)治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満の方
(3)市内に引き続き1年以上住所を有している方
(4)特定不妊治療以外に妊娠が望めないと医師が判断している方
(5)茨城県が指定する医療機関および県が認める各都道府県の医療機関(指定医療機関)において実施する特定不妊治療であること
(6)茨城県不妊治療費助成の交付決定を受けている方
(7)夫婦ともに市税などに未納がない方
(8)他市町村などで同様の助成の交付を受けていない方
 
【申請手続き】
 保健所で茨城県不妊治療費補助金の交付決定を受けた後、下記の書類を添付の上、申請してください。
 
【必要書類】
(1)鹿嶋市不妊治療費助成金交付申請書兼請求書
(2)不妊治療助成金交付申請に係る同意書
 ※今年度より、この同意書に同意いただけた場合は、「未納がないことの証明書」は必要ありません。
   ※市職員による住民基本台帳及び納税状況の確認について同意が得られない場合は、「住民票」・「未納がないことの証明書(納税証明
  書)」が必要になります。「住民票」については、鹿嶋市総合窓口課、「未納がないことの証明書」の発行は収納課、税務課、総合窓口課
  などで行っています。自動交付機では発行できませんのでご注意ください。
(3)茨城県不妊治療費補助金交付決定通知書(原本を持参ください)
(4)領収書(原本を持参ください)
(5)茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書の写し(※茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書の写しについては、保健所に提出する前にご自身でコピーをお取りください。)
 
【その他の持ち物】
振込口座が分かるもの、印鑑、身分証明・住所の確認できるもの(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)
ご夫婦が別世帯の場合は、戸籍謄本が必要になります。
 
○詳細については担当窓口にお電話にてお問い合わせください。
 また、茨城県不妊治療費助成事業については、潮来保健所健康増進課(電話:0299-66-2118)へお問い合わせください。
 
 
 
 
担当窓口・お問い合わせ先:保健センター(電話:0299-82-6218)

関連画像

関連書類

平成29年度鹿嶋市不妊治療助成事業(Word:21KB)
鹿嶋市不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(Word:21KB)
不妊治療費助成交付金申請に係る同意書(Word:29KB)

関連リンク

平成29年度茨城県不妊治療費助成事業のご案内
いばらき結婚・子育てポータルサイト

情報発信元:健康福祉部 保健センター
〒314-8655
TEL:0299-82-6218
FAX:0299-82-6219
MAIL:kenkou2@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年05月15日 16時00分
文書番号 000008103  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス