≪財政用語集 1.予 算(よさん) (2) 予算の内容≫

情報発信元:財政課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第1庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-0789
E-MAIL:zaisei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

(2) 予算の内容




○歳入(さいにゅう)

 国および自治体では,4月1日から3月31日の1年間を「会計年度」と呼んでいます。
 歳入とは,その会計年度における全ての収入を意味します。





○歳出(さいしゅつ)

 国および自治体では,4月1日から3月31日の1年間を「会計年度」と呼んでいます。
 歳出とは,その会計年度における全ての支出を意味します。





○債務負担行為(さいむふたんこうい)

 行政上で債務とは,自治体の経費の支出義務のことです。
 数年度にわたる債務を負担する契約を結ぶなどの将来の財政支出を約束する行為
については,あらかじめ予算で定め,議会の議決を得ておく必要があります。





○継続費(けいぞくひ)

 2ヵ年以上にわたる事業などを実施するとき,その総額と年度ごとの額をあらかじめ一括した予算にし,議会の議決を得たもので,単年度予算の例外をなすものです。




○繰越明許費(くりこしめいきょひ)

 歳出予算のうち,その性質上または予算の成立後の事由に基づき,年度内に支出が終わらない見込みのあるものについては,あらかじめ予算で定め,翌年度に繰り越して使用することができます。これを繰越明許といいます。




○事故繰越(じこくりこし)

 支出負担行為を行い,その後に生じた避けがたい事故のために年度内において支出が終わらない経費について,翌年度に繰り越して使用することができます。これを事故繰越といいます。




○専決処分(せんけつしょぶん)

 議会が議決または決定すべき事項を,緊急に対処しなければならないなど,特定の場合に限り,市長が議会に代わって処理することをいいます。
 市長は次の議会において,専決処分したことを報告し,議会の承認を得なければなりません。





○繰上充用(くりあげじゅうよう)

 会計年度が経過した後,結果として歳入が不足した場合,翌年度の歳入を繰り上げてこれにあてることをいいます。






>>>財政用語集トップページに戻る>>>