≪鹿嶋市震災復興計画(平成24年6月策定) ≫

情報発信元:まちづくり政策課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第1庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-0789
E-MAIL:machisei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 平成23年3月11日(金)午後2時46分に発生した「東北地方太平洋沖地震」は,我が国の観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し,この地震により発生した大津波は東北地方の多くの人命を奪い,沿岸市町村に甚大な被害をもたらしました。

 本市も,この大地震で震度6弱の強い揺れを観測したほか,続く3時15分の茨城県沖地震(マグニチュード7.4・震度5強)により,津波で一人の尊い命が犠牲となったほか,床上・床下浸水の被害,そして,住宅の全壊や大規模半壊の被害をはじめ,液状化による住宅・宅地の被害が多数出るなど,これまで経験したことのない事態となりました。

 さらに,大震災による影響は,鹿島港をはじめ,道路,海岸,河川,水路等や公共施設の損壊のほか,電気,ガス,水道などの生活インフラの被害により,市民生活のみならず,各種産業や企業活動にも深刻な影響を与えました。

 現在,大震災の発生から既に1年が経過し,本市では,市民・事業者・関係機関の協力による懸命な作業のもと,市内各所での復旧は進みつつあります。

 しかしながら,真の復興にあたっては,単に被災前の原状を回復する「復旧」にとどまらず,緊急に対応していかなければならない課題を含め,これまで以上の発展を目指す「復興」を遂げることが必要となります。

 このため,今回の大震災を教訓とした災害に強いまちづくりを実現し,市民が安心して暮らせる活力に満ちあふれた鹿嶋市の再生を目指すため,新たに「鹿嶋市震災復興計画」を策定しました。