≪介護保険料に関するご案内≫

情報発信元:介護長寿課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎1階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-83-7809
E-MAIL:kaigo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

介護保険料の決め方・納め方

 介護保険料は3年ごとに改正が行われます。改正をするときには、市区町村ごとに3年間の介護給付費(介護サービス必要額)を見込み、それに基づいた介護保険料が設定されます。

 介護保険を利用する方は今後も増えることが予想されており、これにより介護保険料の上昇も懸念されています。

 介護保険サービスの適正な利用に、ご理解とご協力をお願いします。

 

介護保険の財源

 介護保険にかかる費用のうち、半分は国・茨城県・鹿嶋市の公費で、残りの半分を被保険者が納める保険料で賄っており、このうちの22%が第1号被保険者の保険料負担分となります。

 

65歳以上の方の保険料

 平成27~29年度の年額保険料については,下記のとおりです。

所得段階

対象となる方 

保険料の

調整率 

 保険料
(月額)

保険料
(年額) 

第1段階

●生活保護受給者の方
●老齢福祉年金(※1)受給者で、世帯全員が市民税非課税の方
●世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額(※2)と
   前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方

基準額×0.45

 2,160円

 25,920円

第2段階

世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と前年の課税年金収入額の
合計が80万円超120万円以下の方

基準額×0.75

 3,600円

 43,200円

第3段階

世帯全員が市民税非課税で、前年度合計所得金額と前年の課税年金収入額の
合計が120万円超の方

基準額×0.75

 3,600円

 43,200円

第4段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は非課税で、
前年度合計所得金額と前年の課税年金収入額の合計が80万円以下の方 

基準額×0.90

 4,320円

 51,840円

第5段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが,本人は非課税で、
第4段階に該当しない方

基準額×1.00

 4,800円

 57,600円

第6段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方

基準額×1.15

 5,520円

 66,240円

第7段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が190万円未満の方

基準額×1.25

 6,000円

 72,000円

第8段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が290万円未満の方

基準額×1.40

 6,720円

 80,640円

第9段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が400万円未満の方

基準額×1.60

 7,680円

 92,160円

第10段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が600万円未満の方

基準額×1.80

8,640円

103,680円

第11段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が1,000万円未満の方

基準額×1.90

9,120円

109,440円

第12段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が1,000万円以上の方

基準額×2.00

9,600円

115,200円

※基準額は第5段階で、月額は4,800円。年額保険料は各段階とも「12カ月分」の合計額を示しています。
※老齢福祉年金…明治44年4月1日以前に生まれた方などが対象となる福祉年金
※合計所得金額…収入金額から「必要経費に相当する額」を控除した額で、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の額であり、住民税などを算定する課税標準額とは異なります。

 

保険料の納め方

年金の年額が18万円以上の方(特別徴収)

 原則として年金から介護保険料が天引きとなります。

 

※特別徴収の方でも、一時的に納付書で納める場合があります。

  ・年度途中で保険料が増額になった 

     → 増額分を納付書で納めます。

  ・年度途中で65歳になった

  ・年度途中で年金の受給が始まった

  ・年度途中で他の市町村から鹿嶋市へ転入した

  ・保険料が減額になった

  ・年金が一時差し止めになった

     → 原則、特別徴収の対象者として把握される月の約6カ月後から天引きとなります。

        それまでは納付書で納めます。

 

年金の年額が18万円未満の方(普通徴収)

 鹿嶋市から送付する納付書で、金融機関・コンビニエンスストアなどの窓口で納めてください。また、申請により口座振替(自動払込)も利用できます。

 

  ・転入されてきた方は、転入月の分から計算されます。

  ・65歳の誕生日を迎えた方は、65歳になった日(民法の規定により65歳の誕生日の前日)の属する月から計算されます。

  (例)10月1日生まれの方は、9月分から計算されます。

  (例)10月2日生まれの方は、10月分から計算されます。

 

保険料を滞納した場合

延滞金

 納期限までに保険料を納めないと、納期限の翌日から納付の日までの期間に応じ、法令に基づき延滞金が加算されます。

 

給付制限

1年以上滞納している場合

 介護保険サービスを利用したとき、費用の全額をいったん自己負担しなければならなくなります。(9割または8割相当分は、申請により後日支払われます)

 

1年6カ月以上滞納している場合

 市町村から支払われるはずの保険給付費(9割または8割相当分)の一部または全部が一時的に差し止められます。滞納が続くと、差し止めしている保険給付費から、滞納している保険料が差し引かれる場合があります。

 

2年以上滞納している場合

 介護保険料の未納期間に応じて、本来1割(または2割)の自己負担が3割へ引き上げられるほか、高額介護サービス費などの支給も受けられなくなります。

 

40~64歳までの医療保険に加入している方(第2号被保険者)

国民健康保険に加入している方

 保険料の決まり方

 国民健康保険の算定方法と同様に世帯ごとに決められます。保険料は、世帯に属している第2号被保険者の人数や、前年の所得によって決まります。

 

 保険料の納め方

 「医療分・後期高齢者支援金等分・介護分」をあわせて、国民健康保険税として世帯主が納めます。

 

職場の健康保険に加入している方

保険料の決まり方

 加入している健康保険によって異なり、医療保険の算定方式に応じて決められます。

 

保険料の納め方

 職場の医療保険料と介護保険料をあわせて、給与から差し引かれます。