≪車座懇談会(板宮地区)≫

情報発信元:市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-2915
E-MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

【開催日時】 平成27年10月22日(木) 19時~20時30分   
 
【対象地区】  板宮
 
【 会 場 】 板宮公会堂
 
【参加人数】   6人
 
【開催風景】
                板宮区車座懇談会     
 
【内容要旨】
 
○市長から人口問題についての話がありましたが、私の息子も2人消防団に入団しているのですが、団員が少ないです。友人などを誘ってもなかなか入ってくれないようです。分団どうしの合併の話もあるようですが、どのように考えているのですか。
 
【市長の回答】市の消防団員は約750人おりますが定員割れをしている状況で、年齢の引き上げなどを行い、団員の確保をしているところです。現在、団員は男性ですが、今後は女性も入団していただきたいと思っており、消防団長にも提案しているところです。消防団は、市民の安全を守ることはもちろんですが、地域のコミュニケーションの役割も果たす大事な組織だと思います。
 
-------------------------------------------------------------------------------- 
 
○消防団は、昔からの地域性をとって、固定化した組織となっていますが、再編は考えているのですか。各団の中で話すのではなく、市全体で区割りを新しくする中で組織作りをするのも必要ではないでしょうか。
 
【市長の回答】消防団は大事な組織と考えており、存続させたいと強い思いを持っています。これまで統廃合の話が出ても、話が進まない状況です。検討させてください。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○少子化の影響で、学校の統廃合についての話を聞きますが、鹿嶋市はどのように考えているのですか。
 
【市長の回答】統廃合を行っている市もあるようです。必要なのはわかりますが、統廃合を私の任期中に行う気持ちはありません。学区の見直しについては、前から課題になっていますが、粟生団地区や平井丘区などでは、同じ区から高松中学校や平井中学校に分かれて通っている状況もあるようです。こうした問題もあり、今年度、検討委員会を立ち上げましたので、5年ぐらいをめどに整理したいと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○鹿島外港地区からも高松緑地公園前の道路を通って大船津地区に抜けられればいいのですが。
 
【市長の回答】あと2年ぐらいしたら旧国道124号線までつながると思います。その先についても都市計画決定し、潮来土木事務所に高速道路につながるよう要望しています。
 また、幹線道路の整備ということで、神宮橋の4車線化を予定していますが、2020年東京オリンピックサッカー開催に向けて早急な実施をしてほしいと要望しているところです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○カシマサッカースタジアムにタクシー乗り場を作ってほしいです。現在はト伝の郷運動公園の道路沿いに停まって乗せていますが、タクシー乗り場が無いです。朝からイベントをやっていても決められた乗り場が無いので、お客さんから大きいサッカーボールの前と言われて迎えに行ったこともあります。
 
【市長の回答】適当な場所があったら教えていただきたいと思います。検討したいと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○土地で、不在地主や小さい面積だと課税されない土地があると聞きました。そのような土地でも課税できるように条例化はできないですか。非課税の数が多いので、全部集めれば大きい収入になるのではないでしょうか。
 
【市長の回答】課税も考えないといけないのかもしれません。合併時、大野村には別荘が多く、別荘税を考えたこともあったと聞いたこともありますが、最近は、不在地主や空き地、草、空き家などの苦情が多く、頭が痛いところです。条例化は、なかなか難しいところです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○団塊の世代がリタイヤして、ますます高齢化が進んでいますが、市では長期的で具体的な対策はあるのですか。また、特別養護老人ホームや老人保健施設で、ベッド数を増やす計画はあるのですか。
 
【市長の回答】市には福祉計画の長期ビジョンがありますが、健康づくりとして高齢者が生きがいや張り合いを持って生活できる環境づくりが大事だと思います。私が考えている温水プールや地域の公民館活動などで、いかに元気で生きがいを感じて社会参加できるかだと思います。
 入所施設については、市内には民間施設もあり、入所待機者はいらっしゃるものの、充足しているのではないかと考えています。施設のベッド数については増やさず、通所施設を増やす方向で考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------