≪車座懇談会(角折地区)≫

情報発信元:市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-2915
E-MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

【開催日時】 平成28年4月19日(火) 19時~21時  
 
【対象地区】 角折 
 
【会場】 角折公民館
 
【参加人数】 28人
 
【開催風景】
                     
 
【内容要旨】
 
○6年前からこちらに住んでいますが、デマンド交通について、まだ結論が出ておらず、スピーディーに物事を運んでもらいたいです。デマンド交通の普及について、もっと力を入れてほしいです。
 また、消防団の協力金について、少しでもお金を集めたいと思っていますが、市報でお知らせすることはできないですか。
 
【市長の回答】コミュニティバスの運行とタクシーの初乗り運賃助成を行っています。デマンドタクシーについては、広く市民の皆様の意見を踏まえて対応したいとの考えから、有識者を入れた公共交通検討協議会で検討しています。なるべく早く結論をと言うことでしょうが、もう少し時間をください。
 消防団については、地域コミュニティを構築するには、大事な組織と考えます。団員が減っている状況ですが、女性の団員を確保することも考えています。 
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○ウォーターフロントの話がでましたが、海は財産です。角折は波が良い場所なので、サーフィンをするための他県ナンバーの車が多いです。そこで駐車場の問題があります。トイレを作ってもらいましたが、駐車場の問題があるため、砕石を入れるなど工夫をして、駐車場の整備をお願いしたいです。また、簡易トイレの設置はできないですか。サーファーは冬でも来ています。観光施設までとは言わないですが、サーファーから話を聞くなどして、ホームページなどで案内できないですか。
 
【市長の回答】魅力を感じて来てくれていると思いますが、鹿嶋の海の場合、位置がバラバラなので集約することを考えています。下津・平井海岸の駐車場を整備しているので、トイレ・シャワーの部分をある程度整備して、一カ所に統一したほうが良いと考えています。「トイレ・駐車場・飲食店もあります」とPRしていきたいと思います。砕石については、検討させてもらいます。簡易トイレの設置については、常時置くことは考えていません。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○海岸の砂浜が増えた場所は、大野の海岸全体ですか。
 また、5~6年前の大雨のとき胸のあたりまで浸水した場所については、県の予算がついて、排水管工事を実施するとのことですが、幅などの詳細を確認したいです。排水管4本については、市と確認してすすめるとのことですが、十分検討して実施をしてほしいと思います。鉄の排水管が途中で錆びているのが原因だと思われるので、コンクリート製の排水管にするなど、構造をしっかりしたものにして、先まで排水管理をお願いします。
 
【市長の回答】全体的ではありませんが、海岸に砂がついてきています。排水管については、状況を担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○この角折公民館は、震災の影響で傾いています。壁については補修を行っています。自治会加入者が減っている中で建て替えを考えるのは難しい状況ではありますが、何か補助制度はありますか。   
 
【市長の回答】以前、他の地区で集会所を造るときに、1,500万円くらいの県の補助制度を利用したことがあります。市独自の補助制度は、現在はありません。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○月曜日から金曜日は、仕事をする地域に住んで、土日は別の地域に住むという、二つの地域を行ったり来たりしながら住む二地域居住について、市では、支援制度や補助制度はありますか。
 
【市長の回答】地方創生の中で人口のバランスを見ると首都圏にどんどん集中しています。その人口を地方に人口移動させて、生活の拠点を二地域にする二地域居住の問題だけでなく、高齢者がリタイアした後、また、リタイアする前の50歳前後から地方へ流れていってそこで生活拠点をつくっていく方法など、いろいろな人口施策がされています。これからは、地方創生の関係で言いますと、各々の自治体も知恵を出しながら、どれを選択して、どういう方向が良いのかを考えていく時代になってきています。国では、リタイア後の高齢者が地方へ移住すると医療費や介護費の負担などを伴うということから補助率を含め、見直し検討をすすめているようです。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○廃屋(空き家)問題について、市はどう考えていますか。民間の力を活用してはどうですか。不動産業者と情報を共有して売却してはどうですか。行政が代執行するのは反対です。
 
【市長の回答】平井のスモウ館については、子どもたちの通学路になっていて危ないので、空き家対策法などにより、処分の手続きを行っています。ただし、本来は建物の所有者の責任です。枯れ草もその人の責任ではありますが、所有者がどこに行ったか分からない場合は、国の法律により、行政が代執行できるようになりました。空き家空き地の問題については、今後増えていくので、行政の課題として検討していかなければならないと考えています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○持ち主が分かりませんが、潮騒はまなす公園横の道路に出ている木の枝を切ってほしいです。 
 
【市長の回答】所有者を含め、担当課に確認させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○子宝手当てについて、3人目だけではなく1人目から支援してほしいです。子どもは宝で、1人目も2人目も同じです。
 
【市長の回答】1子目・2子目を大事にしていないわけではありません。児童手当てについては、第1子目から支給しています。また、鹿嶋市では保育園の待機児童はゼロになっています。そういったところでも子育て環境を整える取り組みを進めています。1人目も2人目も3人目も同じに大切に思っています。人口問題を考えていきます、今結婚している人になんとか3人目をという強い思いから格別として子宝手当てを創設しました。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○スタジアムから灌漑排水路工事を実施していますが、はまなす通りのどこまで延長する予定ですか。また、田んぼの排水路は、市が管理するとの約束でしたが、実施していません。草刈りは区が実施していますが、区で実施するのですか。市で実施するのですか。  
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○排水管について、大雨が降ったときにあふれてしまうところがあります。今年度広げる予定になっていますが、どのぐらい広げてくれるのですか。幅が知りたいです。
 また、道路間が狭く排水管が曲がっていたり、管が狭かったりするところが、雨が降るたび心配です。
 
【市長の回答】幅については、担当課から連絡させます。また、雨が降るたびに心配していてはしょうがないので、流末の問題と残土の問題について、再度現場を見に行かせるようにします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○歴史資料館建設の見通しはどうなっていますか。2020年の東京オリンピックまでに建設できるのですか。  
 
【市長の回答】建設の構想はできています。現在、基本計画を作成しています。無駄な施設と言われないよう、普段も利用できる施設にしたいと考えています。鹿島神宮の国宝についても、一緒に展示できるよう、神宮にも理解を得ていますので、補助金なども含め検討しながら、進めたいと考えています。また、建設の時期については、もう少し時間がかかると思いますが、必ず建設するという強い気持ちでいます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○40年来お願いしている東部土地改良区の海岸問題について、残土がないからもうできないという事ではなく、別の予算をつけるなどして完成させるよう実施してほしいです。 
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
-------------------------------------------------------------------------