≪車座懇談会(津賀地区)≫

情報発信元:市民活動支援課市民相談室
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-2915
E-MAIL:siminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

【開催日時】 平成28年9月29日(木) 19時~21時  
 
【対象地区】 津賀 
 
【 会  場 】 津賀公民館
 
【参加人数】 34人
 
【開催風景】 
               
 
【内容要旨】
○始めに消防機庫の整備、そして日頃から各種の要望に対して、各課で丁寧に対応いただきありがとうございます。
 この地区の特性として農業主体の地域でありますが、高齢化や少子化が進む中、これからの農業の活性化について、市はどのように考えていますか。
 
【市長の回答】現在の米価では経営を成り立たせるのは難しいと認識しています。
 以前は、最低でも5ha以上の作付がないと採算が取れなかったようですが、今では20ha以上ともいわれています。その為に圃場を大規模化するための基盤整備も難しい状況です。
 今、農業公社で農地中間管理機構の調整をしていますので、今後も継続して活用を図っていきたいです。
 園芸作物では、ピーマンを中心に収益を上げています。市の認定農業者は109人いますが、今後も後継者の育成に努めていきたいと考えています。 
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○湖岸線の交通量が相当増えてきています。武井地区では横断することが中々出来ない場所があるとも聞いていますので、信号の設置をお願いします。      
 
【市長の回答】該当の場所は、設置希望場所に隣接してすでに信号があるため、設置が出来ないと以前警察署から説明がありました。
 既設の信号機の移設についても協議しましたが、実現していません。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○コミュニティバス(中央線)の停留所をニュータウン前にも作ってほしいと思います。
 
【市長の回答】コミュニティバスの路線になっているのであれば可能であると思いますが、担当課に検討させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○県道荒井行方線の津賀橋から西側の道路に防犯灯がなく、設置を要望しましたが結局立ち消えになってしまいました。経過として、始めに茨城県に街路灯として要望しましたが、要件を満たさず断られました。その後市へ防犯灯として要望しましたが、通学路になっているため、教育委員会預かりになったまま立ち消えになっています。   
 
【市長の回答】以前、要望が出されたこともあり3基ほど設置した経過がありますが、北側に電信柱がないので、防犯灯が設置できませんでした。通学路になっていることもあり、担当課に確認させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○地区内の未舗装の道路の整備を要望しましたが、土留めの回復はしてもらえませんでした。また、舗装するためには、同意書が必要だと言われました。不在地主がいるために同意がもらえず頓挫してしまっています。 
 
【市長の回答】道路整備も現道舗装も、地権者の同意がなければ、市が勝手に行うこともできません。原則に従って行うしかないと思っています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○道路整備や防犯灯の設置については、市の職員が現地を見て計画的に整備していくべきではないでしょうか。
 
【市長の回答】担当職員を2名増員し、予算を増額して対応していますが、要望が多いためなかなかすべてを対応することができません。現状では、随時要望を出していただくしかありません。通学路については優先して対応するよう指示しています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○堤防の内堀が下がっているため、水路の水位が上がっています。田んぼに客土してかさ上げをしてほしいと思います。 
 
【市長の回答】市から県の出先機関の水資源公団へ、対応を依頼しています。
 また、内水の対策については要望を出した経過があり、結果、排水能力の問題はありますが通年でポンプが使用できるようになっています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○外港は商業港とはなり得ないし、茨城県には商業港が多すぎると思います。
 
【市長の回答】外港は国策として、また商業港として整備が進められていますが、市としても国に早期完成を要望してきました。
 首都圏の横浜・東京港の代替港としての機能を担う役割を併せ持っており、継続して早期整備に向けて取り組んでいきたいと思っています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○市街化調整区域はいつになったら解除になりますか。  
 
【市長の回答】大野地区は、地域指定で重点的に整備しています。その整備の方向性を見ながら、市街化区域を増やすかどうか決めていくことになります。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○残土が持ち込まれていた現場に産業廃棄物が捨てられている可能性があります。井戸水が心配なので、市で水質検査を行ってほしいです。
 
【市長の回答】水質検査は、原則個人負担が基本になります。しかし、土取りなどのあった場合には、原因者に負担を求めることができると思います。
 市で検査ができるのかどうか担当課に検討させます。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○東関東自動車道は2020年の東京オリンピックまでには延伸するのですか。 
 
【市長の回答】東関東自動車道の整備計画は、茨城空港北ICから鉾田間は平成29年度に完成見込みです。
 鉾田・潮来間は用地買収も約8割進み、東京オリンピック開催までに完成する予定です。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○県道茨城鹿島線をよく通る機会がありますが、鹿嶋浄水場付近から紀州旅館までの路面状態が悪いと思います。
 
【市長の回答】ケアハウス鹿島の杜から紀州旅館までの区間は、今後、2~3年で茨城県が整備する予定です。
 先線については、路線変更をして整備をする予定になっています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○北浦が氾濫した場合の防災計画はできていますか。 
 
【市長の回答】災害等に対応するために、鹿嶋市地域防災計画を策定しています。
 当地区は、内水が心配されますが、その対応も準備をしています。また、水資源公団などへも対策を要請しています。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○市の自主避難情報について、市民にどのように伝達しているのですか。避難情報をメールで受け取ることが高齢者には難しいので、市でもっと丁寧に対応してほしいと思います。
 
【市長の回答】自主避難については、防災無線・エフエム放送・かなメールなどで伝達しています。
 また、避難勧告が出された場合は、上記の方法のほかテレビ放送や広報車などを活用し周知を図ります。その他、市に直接問合せをいただいたり、近所同士で声掛けいただくことも有効であると考えています。