≪分別不良により衛生センター内で催涙性物質が充満し作業が中断しました≫

情報発信元:廃棄物対策課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-84-7759
E-MAIL:haitai1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

   令和元年10月4日(金)の午前中、不燃ごみを収集したパッカー車がごみを降ろしたところ、衛生センター内に催涙性の物質が充満して、施設内の作業が2時間停止しました。
幸いケガ人は出ずに、大事には至りませんでしたが、一歩間違えれば大きな事故になっていました。
また、事故により施設に甚大な被害があったときは、長期間収集が出来なくなる恐れもあります。
 このような事故を起こさないためにも、
 
スプレー缶は、必ず中身を使い切り、穴を開けてから、
洗剤や漂白剤などの容器は、よく洗ってから
不燃ごみとして出して下さい。
 ※ガス抜きは、屋外などの風通しの良い、火の気のない場所で、周囲の安全を
  確認したうえで行ってください。
 ※洗剤等は、使い切ってください。鹿嶋市立衛生センターで液体を処理することができません。