スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館

まちの話題タイトル一覧
2016年02月07日 学校と地域の連携を考える「第13回鹿嶋市まちづくり市民大会」開催
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 2月7日、大野ふれあいセンターで、「第13回鹿嶋市まちづくり市民大会」が開催されました。
 第1部は、まちづくり市民・団体表彰で、11人6団体の方に「善行賞」が授与され(下記参照)、 第2部は、「学校と地域が連携したまちづくりを考える~学校支援ボランティアをとおした地域連携の可能性~」をテーマにシンポジウムが行われました。
 シンポジウムは始めに、鹿嶋市教育委員会社会教育課 箕輪 直副参事より、昨年11月から募集を始めた「学校支援ボランティア制度」についての発表があり、続いて、「子どもとまちの未来を拓く~学校と地域の連携~」をテーマに、常磐大学コミュニティ振興学部 池田 幸也(いけだ ゆきなり)学部長が基調提案を行いました。
 その後、大同西小学校教頭 下河邊 高先生、大同東地区社会福祉協議会 見守り隊隊長 山下 和征さん、たかまつ地区福祉会会長 小沼 八重子さんが、それぞれの立場から事例を発表し、最後に、池田 幸也学部長をコーディネーターに、前述の4人のパネリストで、学校支援ボランティアをとおした地域連携の可能性についての話し合いが行われました。

【善行賞受賞者】(敬称略)
佐藤 國男、森下 松壽、石上 諒、榎本 几久、海老沢 良政、金子 朝子、川村 宣雄、藤井 武、藤井 美智子、矢頭 京子、 山町 重信、株式会社常陽銀行、豊郷地区社会福祉協議会、大同東地区社会福祉協議会、たかまつ地区福祉会、豊津地区社会福祉協議会、キラキラ会

(写真左から)
◆大勢の参加者で埋まった大野ふれあいセンターホール
◆まちづくり市民・団体表彰で善行賞を受賞された皆さん
◆活発に意見が交わされたシンポジウム

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス