スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2018-01-30   今も昔も変わらない楽しさ「昔遊び体験」
 1月30日、波野小学校の1年生が、同校体育館にて昔遊び体験を行いました。
 この体験は、おはじきやお手玉、羽根つき、コマ回しなどの昔ながらの遊びを通して、身近な人と関わることやルールを守って遊ぶために必要な協調性を学ぶ機会として毎年行われているものです。
 今回は、子どもたちのおじいちゃんやおばあちゃん、お母さんなど12人が集まって「1日先生」となり、子どもたちに遊びを教えてくれました。
子どもたちは、体験したい遊びを3つ選び、それぞれ20分ずつ先生に教えていただきながら熱心に取り組みました。
 竹とんぼコーナーでは、教えていただいた方法で高く遠くまで飛ばすことができると「やった!やったぁ!」と歓声を上げ、元気いっぱいに遊び、夢中で楽しんでいました。

(写真)左から
◆昔遊びを教えるために集まった保護者たち
◆昔遊び1 竹とんぼ
◆昔遊び2 お手玉
◆昔遊び3 コマ回し

▲ページの上部へ


2018-01-28   第47回新春文化財愛護かるた大会
 1月28日、鹿嶋市文化財愛護協会主催による「第47回新春文化財愛護かるた大会」が、カシマスポーツセンター柔道場で開催されました。
 この大会は、鹿嶋の文化財を身近に感じてもらい、愛護の意識を高めるために作られた『文化財愛護かるた』を使用し、毎年度この時期に行われています。かるたを通して鹿嶋の歴史や伝統文化を学ぶことができるようになっているほか、絵札や読み札には、市民はもちろん市外の方々にも馴染み深い名所や伝説、人物などが登場することが特徴です。
 当日は、67名の参加者が幼稚園・保育園の部、小学生低学年の部、小学生中学年の部、小学生高学年の部、一般・シニアの部の5部門に分かれ、熱戦を繰り広げました。
 屋外は寒波襲来で凍えるような寒さでしたが、会場は読み札が読み上げられるたびに元気な「ハイ!」という声がこだまし、熱気と賑わいに包まれていました。

【取材:まちかど情報特派員 赤羽 文恵】
(写真左から)
◆文化財愛護かるた
◆文化財愛護かるた
◆かるた大会1
◆かるた大会2

▲ページの上部へ


2018-01-21   新春の風になれ!「第43回鹿嶋市駅伝大会」開催
 1月21日、県内外から計173チームが参加し、第43回鹿嶋市駅伝大会が開催されました。今回は、2019年に行われる茨城国体に先駆け、“いきいき茨城ゆめ国体2019開催記念”として開催されました。
 10時の号砲とともに、24kmコース(中学男子・高校男子・一般男子)は鹿島神宮から、10kmコース(中学女子・高校女子・一般女子・エンジョイ)は鹿島大野駅からスタートし、選手たちはゴールのカシマスポーツセンターを目指してチームの思いが詰まったタスキを一生懸命つなぎました。
 沿道に集まった多くの観客は、選手たちに大きな声で声援を送り、その力走をたたえていました。

◎各部門優勝チーム
・中学生男子の部   (24km:8区間)=神栖二中駅伝部(1時間25分21秒)
・一般・高校生男子の部(24km:6区間)=後方待機(1時間13分7秒)
・中学生女子の部   (10km:5区間)=香取市立佐原中学校(36分1秒)
・一般・高校生女子の部(10km:5区間)=鹿島学園高等学校サッカー部(34分57秒)
・エンジョイの部(高校生以上)(10km:5区間)=東っ子魂!(34分2秒)

※詳しい大会結果については、下記ホームページをご覧ください。
<a href="http://kashimashi.info/ekiden/2018/01/21/%E7%AC%AC43%E5%9B%9E%E9%B9%BF%E5%B6%8B%E5%B8%82%E9%A7%85%E4%BC%9D%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E7%B5%90%E6%9E%9C/">大会結果ページ(クリック)</a>

(写真)左から
◆24kmコースのスタート(鹿嶋神宮)
◆10kmコースのスタート(鹿島大野駅)
◆一般・高校生男子の部優勝 後方待機 ゴールの瞬間
◆一般・高校生女子の部優勝 鹿島学園高等学校サッカー部

▲ページの上部へ


2018-01-19   大野区域屋内温水プール新築工事 安全祈願祭
 1月19日、大野ふれあいセンター北側駐車場で、大野区域屋内温水プール新築工事の安全祈願祭が執り行われました。
 温水プールは、施設および設備ともに老朽化した大野区域の小・中学校の5つのプールを1つに集約した学校プールとして、また一般市民が利用できる社会体育施設として、今回整備するものです。
 安全祈願祭は、錦織孝一市長をはじめ関係者ら約50人が出席し、鹿島神宮の神職により滞りなく執り行われました。
 今後は、平成31年4月オープンを目指し本格的に工事が進められます。
 
 

(写真左から)
◆建設予定地となる大野ふれあいセンター北側駐車場で執り行われた安全祈願祭1・2
◆錦織市長によるくわ入れ
◆錦織市長による挨拶

▲ページの上部へ


<<前へ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス