スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2018-03-30   市内の新小学1年生に防犯ブザーを寄贈
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 3月30日、(株)常陽銀行鹿島支店から、市内の新小学1年生分として防犯ブザーが市へ寄贈されました。
 この寄贈は、地域貢献の一環として、平成17年から毎年行われており今年で14年目となります。
 贈呈式で、常陽銀行鹿島支店の安嶋淳執行役員支店長は「防犯ブザーは、身に着けることで犯罪者への抑止力となります。ランドセルに取り付けるなどして、毎日の通学に活用していただきたい」と話されました。
 寄贈された防犯ブザーは、4月6日の入学式で新小学1年生全員(593人)に配布されました。

 
(写真左から)
◆防犯ブザーを寄贈した常陽銀行鹿島支店 安嶋淳執行役員支店長(左)と錦織市長
◆防犯ブザー
◆ランドセルの肩ベルトに装着した防犯ブザー

▲ページの上部へ


2018-03-28   市内の小学1年生に交通安全帽子を寄贈
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 3月28日、しおさい農業協同組合(浦橋武芳代表理事専務、渡辺武常務理事、小田倉智金融共済部長、出頭進司鹿嶋支店長)から、市内の新小学1年生分として交通安全帽子(黄色い帽子)が市へ寄贈されました。
 この寄贈は、新入学児童の交通事故を防ぐため、昭和52年から毎年実施されています。
 交通安全帽子は、4月6日の入学式で新小学1年生全員(593人)に配布されました。
 今後、黄色い帽子をかぶった新小学1年生を見かけましたら、ドライバーの皆さんは安全運転並びに徐行運転を心掛けてください。

(写真左から)
◆交通安全帽子を寄贈したしおさい農業協同組合 浦橋代表理事専務(左)と錦織市長(右)
◆寄贈された交通安全帽子:男児用(左)女児用(右)

▲ページの上部へ


2018-03-27   市立の各小・中学校にサッカーボールなどを寄贈
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 3月27日、東洋計測(株)と(株)筑波銀行から、寄贈サービス付CSR私募債「地域の未来応援債」の手数料の一部を活用して購入したボールが市立全小中学校へ寄贈されました。
 贈呈式では、東洋計測(株)代表取締役社長 和田厚さんが、錦織孝一市長へ寄贈品の目録を手渡し「子どもたちの健全育成の一助に役立てていただければうれしいです」と話されました。
 各小学校にはサッカーボール1個とドッチボール3個、各中学校にはサッカーボール2個とバレーボール2個が贈られ(合計68個)、今後児童・生徒の体力向上に役立てられます。

(写真 左から)
◆和田代表取締役社長(左)から錦織市長(右)へ目録の贈呈
◆小中学校へ寄贈されるボールを持って記念撮影

▲ページの上部へ


2018-03-27   原子力災害時における鉾田市民の避難受け入れ協定を締結
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 3月27日、市役所で、鹿嶋市と鉾田市が「原子力災害時における鉾田市民の県内広域避難に関する協定書」を締結しました。
 この協定は、東海第二発電所における原子力災害発生時に、鉾田市が同市民の県内広域避難を決定した場合、鹿嶋市が鉾田市民の避難を受け入れるというものです。
 受け入れの対象としては、 東海第二発電所から30km圏内に住む鉾田市民約14,000人のうち約5,800人で、鹿嶋市は鉾田市の要請を受け、市内の避難所を提供します。 


(写真左から)
◆協定の締結
◆記念撮影:錦織孝一鹿嶋市長(中央)、岸田一夫鉾田市長(左)、服部隆全茨城県生活環境部次長(右)

▲ページの上部へ


<<前へ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス