スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2017-01-29   鹿島アントラーズ 必勝祈願・優勝記念イベントが開催
 天候に恵まれた1月29日、鹿島アントラーズによる必勝祈願と優勝記念イベントが鹿島神宮周辺で行われました。
 まず、鹿嶋市商工会館から鹿島神宮までの参道を、鹿島アントラーズのメンバーがシャーレやトロフィー、「ありがとう」と書かれた横断幕を持ちながら練り歩き、この日のために集まった1万5千人のファンやサポーターに笑顔で手を振っていました。
 そして、鹿島神宮では、2016シーズンの報告と、2017シーズンの必勝祈願を行いました。
 必勝祈願の後は、商工会館に会場を移して優勝報告会を行いました。錦織ホームタウン協議会長(鹿嶋市長)や井畑社長、石井監督などがあいさつをしたほか、橋本知事からは「いばらきイメージアップ大賞」が授与されました。
 訪れたファンやサポーターは、昨シーズンのアントラーズの活躍を称え、今シーズンの全タイトル制覇を願い、大きな声援を送っていました。
 また、午後からは2017シーズン新体制・新加入選手会見が行われ、新加入選手や新ユニフォームが披露されました。
 2017シーズンも、カシマサッカースタジアムに足を運び、鹿島アントラーズを応援しましょう。


(写真左から)
◆必勝祈願
◆優勝記念イベント
◆2017シーズン新体制・新加入選手会見
◆新ユニフォーム発表

▲ページの上部へ


2017-01-22   鹿島神宮で大寒禊
 最低気温が1度を下回った1月22日、毎年恒例となっている大寒禊が、鹿島神宮御手洗池で行われました。
 市内をはじめ県内外から集まった204人の参加者は、男性は白鉢巻と白ふんどし、女性は白鉢巻と白装束に身を包み、「エーイッ」という気合いとともに御手洗池に身を沈めました。
 そして、水温11度の水に肩まで漬かり、両手を合わせて大祓詞を読み上げ、身を清めながら今年一年の無病息災を祈っていました。


(写真左から)
◆大寒禊1~4

▲ページの上部へ


2017-01-15   新春の風になれ「第42回鹿嶋市駅伝大会」
 天候に恵まれた1月15日、新春恒例となる第42回鹿嶋市駅伝大会が、24kmと10kmの2コースに分かれ、県内外から計175チームが参加し、それぞれ行われました。
 10時の号砲とともに、24kmコースは鹿島神宮大鳥居前から、10kmコースは鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「鹿島大野駅」からスタートした選手は、ゴールのカシマスポーツセンターを目指してチームの思いを込めたタスキをつなぎました。
 沿道からは、多くの観客が惜しみない声援を送り、選手の力走をたたえていました。


◎各部門優勝チーム
・中学生の部=神崎中・佐原中陸上競技部
・一般・高校男子の部=鹿島高校A
・中学生女子の部=香取市佐原中学校
・一般・高校女子の部=佐原高校

※詳しい大会結果は、下記ホームページをご覧ください。
  http://kashimashi.info/ekiden/


(写真左から)
◆選手宣誓
◆24kmコースのスタート(鹿島神宮大鳥居前)
◆声援を受け接戦を繰り広げる選手
◆ゴール前の最後の激走

▲ページの上部へ


2017-01-14   鹿嶋市男女共同参画フォーラム「宇宙飛行士 山崎直子さん講演会」
 1月14日、鹿嶋勤労文化会館を会場にして、市および鹿嶋市男女共同参画推進委員会主催による「鹿嶋市男女共同参画フォーラム2016」が開催されました。
 このフォーラムは、男女共同参画社会の推進を図ることを目的に毎年行われているもので、今回は、宇宙飛行士の山崎直子さんをお招きし「『宇宙、人、夢をつなぐ』~未来は無限大!自分の未来は自分で創る!~」をテーマに講演会を開催しました。
 講演では、宇宙飛行士という夢を叶えるまでの軌跡から得たことを、人生の中で遭遇する困難な状況に置き換え「失敗から学ぶことの大切さ」や、「今やっている1つ1つの経験は無駄ではなく、自分の糧となってつながっていること」をわかりやすく話され、そして未来については、「未来はわからないから素晴らしい。自分がどう動くかによって可能性が広がっていく」と希望があふれるメッセージを伝え締めくくりました。
 参加した600人の市民は、宇宙での体験談も含め、終始山崎さんの話に聞き入っていました。
 その後の質疑応答では、参加者からたくさんの手が挙がると、山崎さんは自らステージから降り、質問者の席まで歩み寄って一人ひとりに丁寧に答えていました。
 また、当日は、市内で公益的な活動を行っている市民活動団体の活動を紹介したパネル展示や、昨年10月に引き続き2回目となる「鹿嶋市女子フェスタ2016第2弾」も開催され、来場者はセミナーやマルシェ・ワークショップブースなど、思い思いのブースを楽しんでいました。
 

(写真左から)
◆山﨑直子さんによる講演会
◆質問コーナーでは質問者の席まで出向いて答えてくれた山﨑直子さん
◆市民活動団体による活動紹介などのパネル展示
◆同時開催した「鹿嶋市女子フェスタ2016第2弾」のマルシェ・ワークショップ

▲ページの上部へ


<<前へ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス