スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2017-01-14   鹿嶋市男女共同参画フォーラム「宇宙飛行士 山崎直子さん講演会」
 1月14日、鹿嶋勤労文化会館を会場にして、市および鹿嶋市男女共同参画推進委員会主催による「鹿嶋市男女共同参画フォーラム2016」が開催されました。
 このフォーラムは、男女共同参画社会の推進を図ることを目的に毎年行われているもので、今回は、宇宙飛行士の山崎直子さんをお招きし「『宇宙、人、夢をつなぐ』~未来は無限大!自分の未来は自分で創る!~」をテーマに講演会を開催しました。
 講演では、宇宙飛行士という夢を叶えるまでの軌跡から得たことを、人生の中で遭遇する困難な状況に置き換え「失敗から学ぶことの大切さ」や、「今やっている1つ1つの経験は無駄ではなく、自分の糧となってつながっていること」をわかりやすく話され、そして未来については、「未来はわからないから素晴らしい。自分がどう動くかによって可能性が広がっていく」と希望があふれるメッセージを伝え締めくくりました。
 参加した600人の市民は、宇宙での体験談も含め、終始山崎さんの話に聞き入っていました。
 その後の質疑応答では、参加者からたくさんの手が挙がると、山崎さんは自らステージから降り、質問者の席まで歩み寄って一人ひとりに丁寧に答えていました。
 また、当日は、市内で公益的な活動を行っている市民活動団体の活動を紹介したパネル展示や、昨年10月に引き続き2回目となる「鹿嶋市女子フェスタ2016第2弾」も開催され、来場者はセミナーやマルシェ・ワークショップブースなど、思い思いのブースを楽しんでいました。
 

(写真左から)
◆山﨑直子さんによる講演会
◆質問コーナーでは質問者の席まで出向いて答えてくれた山﨑直子さん
◆市民活動団体による活動紹介などのパネル展示
◆同時開催した「鹿嶋市女子フェスタ2016第2弾」のマルシェ・ワークショップ

▲ページの上部へ


2017-01-12   市が(株)鹿島アントラーズFCに特別功労賞を授与
 1月12日、アジュール鹿嶋で開催された平成29年新年賀詞交歓会に合わせ、市では(株)鹿島アントラーズFCに特別功労賞を授与しました。
 この賞は、その功績が広く市民の誇りと認められ、特に卓越する個人または団体に贈られるものです。
 鹿島アントラーズは、Jリーグ年間優勝および天皇杯優勝で通算19冠を達成し、さらにクラブワールドカップで、世界の強豪クラブチームを相手に準優勝を収め、全世界に「鹿嶋」の知名度を高め多くの市民に勇気と感動を与えてくれました。
 受賞した(株)鹿島アントラーズFCの井畑滋 代表取締役社長は「選手は誇るべき試合を見せてくれ、昨年はクラブ史に残る創立25周年となりました。これも地域の皆さまの支援のたまものであり、大変感謝いたします。来シーズンはJリーグ連覇を最優先として戦います。引き続き熱い応援をよろしくお願い申し上げます。」と新たな決意を語りました。


(写真左から)
◆錦織市長による挨拶
◆特別功労賞の盾を手に記念撮影
◆(株)鹿島アントラーズFC 井畑代表取締役社長による挨拶
◆特別功労賞の盾

▲ページの上部へ


2017-01-08   大人の仲間入り「平成29年成人式」
 1月8日、鹿嶋勤労文化会館で「平成29年鹿嶋市成人式」が開催され、華やかな晴れ着や羽織はかまに身を包んだ新成人605人が出席しました(市内成人者は702人)。
 式典では、かしまスポーツクラブ「一丸天舞」によるアトラクション「よさこいソーラン」が披露された後、錦織孝一市長や池田芳範市議会議長などが式辞を述べたほか、新成人を代表して実行委員長 加藤幸司さんが「社会の一員としての自覚と他人への思いやりを持ち、責任ある自立した言動を基に、明るい未来に向かって人生を歩みたい」と大人の自覚と決意を述べました。
 式典終了後は、あちらこちらで懐かしい旧友たちと記念撮影が行われていました。

(写真左から)
◆一丸天舞による「よさこいソーラン」
◆錦織市長による挨拶
◆成人式実行委員長 加藤幸司さんによる成人者あいさつ
◆旧友たちと記念撮影する新成人たち

▲ページの上部へ


2017-01-08   第46回新春文化財愛護かるた大会
 1月8日、鹿嶋市文化財愛護協会主催による「第46回新春文化財愛護かるた大会」が、カシマスポーツセンター柔道場にて開催されました。
 この大会は昭和47年から『文化財愛護かるた』を通して郷土の歴史や文化を学び、文化財愛護の心を養うことを目的として始まりました。
 大会では、76名の参加者が幼稚園・保育園の部、小学生低学年、小学生中学年、小学生高学年、一般・シニアの5部門に分かれ熱戦を繰り広げました。
 緊張感が漂う会場は、あちらこちらから「はいっ」という大きな声が響き渡り、参加者は狙った絵札に勢いよく手を伸ばしていました。
 第1回大会から毎回参加している子鹿幼稚園は、選抜メンバーが参加していました。その中の1人として参加した大川原睦海ちゃんは、大会後「楽しかった」と達成感いっぱいの笑顔を見せてくれました。
【取材:まちかど情報特派員 米村 麻衣】

(写真左から)
◆錦織市長による挨拶
◆幼稚園・保育園の部
◆小学生低学年(1・2年生)の部
◆小学生高学年(5・6年生)の部

▲ページの上部へ


<<前へ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス