スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2018-02-18   第17回外国人による日本語スピーチコンテスト
 2月18日、鹿嶋勤労文化会館で「第17回外国人による日本語スピーチコンテスト」(主催:鹿嶋市国際交流協会)が行われました。
 このコンテストは、市内や近隣地域で活躍する外国人が日頃の生活の中で感じたことや考えたことを日本語でスピーチするもので、今年は7カ国(中国、台湾、ベトナム、アメリカ、フイリピン、タイ、スリランカ)から10人が発表しました。
 「終の住処(ついのすみか)」というテーマでスピーチした草野マリー(出身国:フィリピン)さんは、夫の仕事の関係で世界5カ国を移住し、また日本国内でも各地で暮らしました。仕事も終わりに向かう頃、第二の人生を送る地を決めようと夫婦で探しはじめ、安心・安全でゆったりとした暮らしがしたいと鹿嶋市を「終の住処(ついのすみか)」に選びました。そして、現在は、鹿嶋市の文化にも友人にも溶け込み、自然に恵まれた環境で楽しく暮らしていると、ユーモアを交えて力強く語りました。
 10人のスピーチ終了後は、平井中学校吹奏楽部の楽しい演奏があり、その後の表彰式では、すばらしいスピーチをした10人全員にそれぞれ賞が授与されました。
【取材:まちかど情報特派員 石黒 圭吾】

(写真左から)
◆「終の住処」をテーマにスピーチした草野マリーさん(ハッスル賞・特別賞を受賞)
◆平井中学校 吹奏楽部による楽しい演奏
◆ユーモア賞・若人賞を受賞したオルソン・コナー・ロスさん(出身国:アメリカ)
◆発表者の記念撮影(中央は錦織孝一市長)

▲ページの上部へ


2018-02-03   民泊で地域活性化「アントラーズホームタウンDMO民泊説明会」
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 2月3日、鹿島神宮参集殿で、アントラーズホームタウンDMOによる民泊説明会が開催されました。
 この説明会は、6月からの民泊新法施行に伴い、一定の条件を満たせば旅館業者ではなくても、所有する住宅で宿泊サービスを提供できるようになることを受け、民泊を活用した鹿行エリアの観光客と宿泊者数の増加を図ることを目指し、民泊に興味のある方に向けて行ったものです。
 説明会では、まず、(株)鹿島アントラーズFC 地域連携グループ長 城祐万さんが、スポーツインバウンドにより年間100万人を呼び込む構想を紹介し、宿泊施設の必要性を述べました。
 次に、(株)なめがたしろはとファーム 常務執行役員 佐藤大輔さんが、宿泊して鹿行エリアをまわってもらうためには、エリア内に点在している観光資源を有機的に組み合わせ、つなげていくことが重要だと話しました。
 約40人の参加者は、民泊構想についてメモを取ったり質問をしたりするなど熱心に聞き入っていました。

◎アントラーズホームタウンDMO
 鹿行5市(鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市)と(株)鹿島アントラーズFC、(株)なめがたしろはとファーム、ザ・ロイヤルゴルフクラブ{日本カバヤ・オハヨーホールディングス(株)}で構成しています。地域の稼ぐ仕組みを作り、雇用の創出や地域経済の活性化を図ることを目的に、今後、観光関連事業者やJA、漁協などとの連携をもとに、(株)鹿島アントラーズFCのブランド力を生かしながら、サッカーをはじめとするスポーツ合宿を軸としたスポーツツーリズムや農水産業などの地場産業を活用したニューツーリズムを5市エリア内において展開していきます。
 ※DMOとは…Destination Marketing/Management Organizationの略で、地域全体の観
          光マネジメントを一本化する着地型観光の基礎・基盤となる法人のこと。
(写真左から)
◆満席となった民泊説明会
◆(株)鹿島アントラーズFC 地域連携グループ長 城祐万さん
◆(株)なめがたしろはとファーム 常務執行役員 佐藤大輔さん

▲ページの上部へ


2018-02-03   鹿島神宮で節分祭
 2月3日、鹿島神宮で節分祭が開催されました。
 節分祭は、午後3時と午後6時の2回に分けて行われ、拝殿前の特設舞台から、神職や年男・年女などによって「福は内!」の掛け声とともに、お福分けの当たりくじ付福豆やお菓子がまかれました。
 6時の部では、錦織孝一市長のほか、かしま大使の相川七瀬さんや行方市出身の女優 永作博美さん、鹿島アントラーズOBの黒崎久志さんなども豆まきに参加し、詰めかけた大勢の人たちは、まかれた福豆に歓声を上げながら一斉に手を伸ばしていました。

(写真左から)
◆午後3時の部で行われた豆まき1・2
◆豆まきに参加した相川七瀬さん(前列中央)、永作博美さん(前列右)
◆午後6時の部で行われた豆まき

▲ページの上部へ


2018-01-31   災害ボランティアセンター運営訓練・防災ボランティアリーダー成研修会
 1月31日、大野ふれあいセンターで、鹿嶋市社会福祉協議会および茨城県社会福祉協議会による「災害ボランティアセンター運営訓練・防災ボランティアリーダー養成研修会」が行われました。
 この研修会は、災害時におけるボランティア活動支援の資質向上を目指し、災害ボランティアセンターの設置・運営に関する実践的な訓練を行うとともに、発災時に迅速かつ的確な支援活動ができるよう防災ボランティアリーダーの養成を行うものです。
 訓練は、1月24日に震度6弱の地震が発生、1週間経った現在、避難所12カ所に約1,000人が避難、一部地域で上下水道は復興のめどが立たないという状況を想定し行われました。約100人の参加者は、それぞれボランティア受付班、ニーズ班、マッチング班、送り出し班、総務班の各運営班とボランティア役の6つに分かれ、ボランティアが受け付けから活動終了までスムーズに動けるよう、一連の流れを訓練しました。
 訓練終了後は、訓練の振り返りと外部講師による講義が行われ、発災時にスムーズな災害運営ボランティアセンターの運営が図れるよう反省点を確認しました。

(写真左から)
◆錦織市長による挨拶
◆ボランティア受付班:ボランティアの受付登録事務
◆マッチング班:被災者からの作業依頼とボランティアの支援活動を結び付け、活動ごとにグループを結成
◆調理室での非常食づくり体験:専用袋に1人分の米、水を入れ、大鍋に詰め炊き出し

▲ページの上部へ


<<前へ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス