鹿嶋市
お問合せ

PC版

まちの話題

2018-06-06
3年連続、東京ドームへ!新日鐵住金鹿島硬式野球部

 6月6日、太田市運動公園野球場(群馬県太田市)で第89回都市対抗野球大会の2次予選・北関東大会の第2代表決定戦が行われ、鹿嶋市代表の新日鐵住金鹿島硬式野球部が3年連続18回目の本大会出場を決めました。
  第2代表決定戦は日立製作所(日立市)との対戦となり、9回表3-6で3点を追う新日鐵住金鹿島は、押し出し四球で1点を返すと、続く堀越匠選手が同点二塁打、さらに福盛陽平選手、林悠平選手の活躍により2点を奪い、土壇場の猛攻で大逆転し、8-6で劇的な勝利を収めました。
 応援に駆け付けた錦織市長は「闘志あふれるプレーは鹿嶋市民に勇気と感動を与えてくれた。東京ドームでも持ち前の勝負強さと団結力を発揮してほしい」とエールを送りました。
 本大会は、7月13日(金)から開催されます。新日鐵住金鹿島をみんなで応援しましょう!

【第89回都市対抗野球大会 本大会】
日程:7月13日(金)~24日(火)
会場:東京ドーム

(写真左から)
◆新日鐵住金(株)鹿島製鐵所 佐藤直樹所長(左)と錦織孝一市長(右)
◆同点打を放った堀越選手
◆逆転に雄たけびをあげる藤本選手
◆勝利に歓喜する選手たち

▲ページの上部へ


2018-06-03
パパママ応援イベント開催

 6月3日、市保健センターでこれから新しい家族を迎えるプレパパ・ママや現在子育て中のパパ・ママを応援する「パパ*ママ応援イベント★2018~親子でつくる“我が家流”HAPPY LIFE~」が開催されました。
 当日は、約650人が来場し、子どもの自立に必要な力を育むためのパパ・ママ講座や、同時開催の「かしまるマルシェ」などを楽しみながら親子の絆を深めました。

(写真左から)
〇雑貨の販売から体験型イベントまで各種ブースが立ち並ぶ
〇体験型には手形アートも
〇市内の事業者などによるブース
〇パパママ講座を開催(講師 粂井優子さん)

▲ページの上部へ


2018-06-03
鹿嶋市消防団統一訓練が行われました

 6月3日、県立カシマサッカースタジアムA・B駐車場(卜伝の郷運動公園となり)で、鹿嶋市消防団全団員による統一訓練が行われました。
鹿嶋消防署および大野消防署員が規律訓練や中継放水訓練などを行い、全消防団員の意識の統一や各器具の取り扱い方法などを再確認しました。
 また、新たに入団した団員には、基礎訓練として器具取扱訓練のほか女性消防団員による応急手当訓練も行われました。


(写真左から)
〇団長の号令で一斉に整列
〇中継ポンプの操作取扱訓練
〇放水訓練
〇女性消防団員による新入団員への応急手当訓練

▲ページの上部へ


2018-06-03
オリンピック・パラリンピックを活用した市民活動を考える

 6月3日、まちづくり市民センター(中央公民館)で、平成30年度鹿嶋市まちづくり研修会が開催され、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会などに派遣されていた東京都小平市職員を講師に迎え「オリンピック・パラリンピックを活用した市民活動を考える」をテーマに講演が行われました。
 この研修会は、鹿嶋市まちづくり連絡協議会と市が、地域課題をテーマに毎年開催しているもので、当日は各地区まちづくり委員会委員や市民活動団体関係者、公民館職員など約130人が参加しました。
 講演では、鹿嶋市で取り組む上での考え方について話され、「オリンピックをぜひ自分事として捉えてほしい。オール鹿嶋でオリンピックを成功させることにより、人々の意識や地域社会が変化し、それが鹿嶋市のレガシ―(資産)となっていく」と、オリンピックを契機にまち・ひと・地域が成長できることを伝えました。
 参加者はメモをとったり質問をしたりするなど、熱心に講演を聞いていました。

(写真左から)
◆錦織孝一市長による挨拶
◆まちづくり連絡協議会 谷田川雄一会長による挨拶
◆小平市職員の中田智久さん(右)、萩元直樹さん(左)
◆会場が満員となった研修会

▲ページの上部へ


<<前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ >> 


カウンター

ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

情報発信:鹿嶋市広報推進課
〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911
E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス