スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


まちの話題タイトル一覧
2017-09-17   鹿嶋の民話や石井前監督から学ぶ「家庭教育を考える集い」
 9月17日、大野ふれあいセンターにて、市教育委員会主催による“家庭教育を考える集い”が開催されました。
 第1部では、鹿嶋語り部の会代表の五喜田 敏子さんによる民話語りが行われました。民話「神之池基地と特攻隊」では、帰還するための燃料が未搭載で機首部に約1,200kgの爆弾を積んだ特攻機にパイロットとして乗り込むことを命じられ犠牲になっていく「人間爆弾」と呼ばれた多くの若者たちや、その親たちについて語られました。若者たちの脅えや親への感謝の気持ちが綴られた遺書、親の悲壮な気持ち、特攻機で突撃するときの掛け声が「天皇陛下万歳!」ではなく「お母さーん」と叫ぶ人がほとんどだったことなど、想像を絶する戦争の現実や命の大切さが、会場に集まった約300人の観客へと伝わりました。
 第2部では、鹿島アントラーズの前監督である石井 正忠さんが、「地域とのかかわり方」をテーマに講演を行いました。
 講演で石井さんは、これまでのサッカー人生を振り返りながら、教育には一人ひとりの状況に合った個別指導が大切であることや、教え子のやる気を引き出す努力が必要であることなどについて、実体験に基づいたお話をされました。
 また、石井さんは、鹿島アントラーズで共にプレーしたジーコさんに「支えてくれるサポーターを大切にすること」を教えられたと言い、その後は選手時代も監督になってからも、地元の子どもたちやサポーターのためにできることを常に考え、努力を続けてきたそうです。そして、試合観戦する子どもの人数が最近になって増えたことを「コツコツと努力してきたことが実を結んだ。続けてきて本当に良かった」と涙ぐんで話されました。
 講演終了後、石井さんは会場に来ていた観客の方に、アントラーズの試合のチケットをプレゼントするじゃんけん大会やファンとの記念撮影などを自ら進んで行い、地域の方を大切にする姿勢を貫いていることを見て取ることができました。

(写真 左から)
◆錦織市長による開会のあいさつ
◆鹿嶋語り部の会代表 五喜田 敏子さんによる民話語り
◆鹿島アントラーズの前監督 石井 正忠さんによる講演会
◆講演後に石井さんが行ったじゃんけん大会

▲ページの上部へ


2017-09-16   みんなでがんばった「秋の大運動会」
 9月16日、市内の各小学校(波野・大同東・大同西・中野東・中野西)で、秋の大運動会が開催されました。
 中野西小学校では、児童による徒競走や綱引きなどのほか、地区の高齢者の方々や中台育心園の皆さんが参加する種目もあり、地域の皆さんと一緒に楽しめる運動会となりました。
 この日のために一生懸命練習してきた児童たちは、成果を力いっぱい出し切り、客席からは拍手と大歓声が送られていました。
 

(写真左から)
◆最後まで走り切った徒競走
◆ディズニーキャラクターにふんして全力疾走
◆社会福祉法人みのり会中台育心園の皆さんも参加したすずわり
◆4・5・6年生による組体操

▲ページの上部へ


2017-09-01   鹿嶋の秋祭り
 9月1日・2日の両日、鹿島神宮で秋の祭りが行われました。1日は鹿島神宮の中で最も重要な祭典である「例祭」、大提灯が町内を練り歩く「提灯まち」、神宮の神輿が本殿から行宮(あんぐう)に出御する「神幸祭」が、2日は出御した神輿が神宮の本殿に戻る「還幸祭」などが行われました。
 その中でも特に、1日に行われた若衆らが大青竹に無数の提灯をつけた大提灯を鹿島神宮へ奉納する「提灯まち」や、5台の山車が宮中の町内を練り歩く山車の曳き回しには、多くの見物客が訪れ、その迫力ある様子に見入っていました。

(写真左から)

◆町内を練り歩く山車1
◆町内を練り歩く山車2
◆大青竹を揺らしながら進む大提灯
◆麦わらの火にくべられて焼納される大提灯

▲ページの上部へ


2017-09-01   ”もったいない”を”ありがとう”へ「きずなBOX」設置
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 9月1日、(社福)鹿嶋市社会福祉協議会では、生活困窮者などへ無償で食品を提供するフードバンク事業の一環として、NPO法人フードバンク茨城と連携し、総合福祉センター玄関に「きずなBOX」を設置しました。
 この事業は、ご家庭で眠っている未開封の食品や調味料などを持ち寄っていただき、集められたものをフードバンクが回収し、福祉団体や施設、さらには、市町村社協を通じて生活困窮者などに配分する活動です。
 「きずなBOX」は、平日8時30分から17時30分まで常設しています。食のリサイクルを通じた助け合い活動となる「きずなBOX」へのご協力をお願いします。

 【回収できる食品】
お米、インスタント食品、レトルト食品、パスタ、乾物(うどん、そうめんなど)、缶詰(瓶詰)など。
※常温保存ができ、賞味期限が2カ月以上ある食品に限ります。


(写真左から)
◆総合福祉センター玄関に設置された「きずなBOX」
◆持ち込んだ食品を「きずなBOX」へ投入

▲ページの上部へ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス